WILD HEART & BROKEN SPIRITS

シンガーソングライターの挑戦状…

Category: RESPECT SONG   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

誰がこの雨を止めてくれるのか…

Rain1_convert_20170815093005.jpg

    覚えているのは ずっと雨が降り続いていたことだ
    不思議な雲から 土砂降りの雨が降り
    地上は混乱を起こしている
    世代を超えた善良な人々が 太陽を探そうとしている
    俺は思い…いまでも思い続けている
    誰がこの雨を止めてくれるのか

    俺はバージニアへと行き 嵐からの隠れ場所を探した
    だがおとぎ話に翻弄されただけ
    そびえたつ高層ビルを見ていた
    5ヵ年計画や新たな経済政策は 結局 金と云う鎖につながれている
    俺は思い…いまでも思い続けている
    誰がこの雨を止めてくれるのか

    数々のロッカーの歌(ウッドストック)を聴き これでもかって位 称賛した
    人々は身を寄せ合い
    それでも暖を取るのに苦労した
    土砂降りの雨は降り続き 俺の耳にも降りかかってくる
    俺は思い…いまでも思い続けている
    誰がこの雨を止めてくれるのか


                              JOHN FOGERTY "Creedence Clearwater Revival"



降り続く~雨の夏季休暇…
炎天下だろうと、雨続きだろうと…宅録創作者にとっては~さほど気にならないのだが、夏らしくない気温は、少し微妙…。
老体には過ごしやすい気候も~真夏を謳歌できない若者たちにとっては、いささか物足りない…ぐずつく雨と曇りのお盆…。

この時期は、カミサンの兄貴が来たり~妹と姪っ子が来たりと…慌ただしいが~フルタイム自由な時を…謳歌に努める♪
近頃、お気に入りのBAR…OLD OAK…茉奈香さんと70分一本勝負に挑む…クエルボ・ゴールド~通称”ホセ”…。
こいつのストレートは~効く…宇宙の大法則が~爺の説教へと切り替わる頃…愛おしい 芳香だけを残し~取り残された…

だが、心は満たされているぞ…精魂搾り取られた~乾ききった老体へ降り注ぐ~霧雨の様な雨に打たれて千鳥足…♪
それにしても~雨は降り続いている…霧雨は~強かに…しこたま濡れる…。
CCR~JOHN FOGERTYの唄うWHO'LL STOP THE RAIN…スプちゃんが80年の【RIVER TOUR】で頻繁にプレイしてた。

当時のニクソン政権を批判した反戦を唄った楽曲~ベトナムへ降り注がせるナパームを雨…と例えたのだ…。
北は火星14型を発射させるか…いゃ、それは自滅を意味するがゆえ~いつもの様に、吉本喜劇の様な駆け引きに留めよう。
この挑発行為…PACⅢの部品を創っている我が社としては~緊急配備的に短納期の注文が入り、迷惑千万状況でもある。

とは云え~防衛省も、やむを得ずのアクション…打開策を見出しながら~足並みを揃えるしかないのが現実だ…。
近頃の風潮では…夏の謳歌は~7月下旬まで…8月に入ると、台風や今季の様な冷夏が舞い込み…秋へのシフト月間となる。
それでも~7月の降水量が乏しく、水不足が懸念されていた事への帳尻合わせ…雨でも~時は流れ、明日はやって来る…。

終戦記念日…。
戦没者の追悼式でもある…尊き青春の時期を犠牲にし、国を守ってくれた先人たち…その恩恵の時代を生かされております。
チーチーパッパ・ソングに浮かれた時代を尻目に~生命に魂を埋め込む曲を唄っていたい…終戦から72年…。

心から~追悼の意を表します…






    
    
    
    

スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽    ジャンル : 音楽

Category: DOWN TO THE RIVER   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

真夏のビバークに酔いしれる…

IMG_1663_(2)-0_convert_20170717102332.jpg

忙しい毎日…理不尽な案件も~ひっくるめ、その恩恵のど真中を突っ走る列車に乗車したまま、可能性を追随し続けている。
7月の初旬~九州地区を襲った幾重もの~線状降水帯…凄まじい豪雨に見舞われた福岡の朝倉市…。
ホテルのTVニュースで報じられている圧倒量の濁流に呑み込まれている家屋を見て、思わず~ちゃらこ姐さんへ一報をする。

間もなく~ご家族を含め無事の一報に安堵するも、予断を許さぬ状況下では~安心して睡眠もとれぬ状況であったろう…。
その6日後~北九州へ弾丸出張をして来たのだが、蒸し返す様な暑さ…断続的な局部的雨は今だ続いている状況であった。
尊い命が失われた…現代を生きる自然の驚異の前…人間は実に無力なものと感じます…ご冥福をお祈り致します。

休む間もなく~週末仕事にケリを付け、ストレージ・バックにありったけの荷物を詰込んで~良ちゃんの車に滑り込む。
呑みに行く…のを大都市の蒸し返す喧騒を退け~大自然の懐に場所を変え、釣り上げた魚達を肴に乾杯をする入渓だ…♪
真夏の初ビバーク…徹夜で現着も~本日の勝負はAM5時スタート~午前中一杯の一本勝負…ノルマは一人~二匹確保。

IMG_1641-0_convert_20170717143818.jpg

連休の女夫渕~絶景場所…熊避け鈴をチャリン・チャリンと鳴らす爺さんが足早に入渓して行くので、我々は野生の支流へ…
キャスト一発で~巨大な岩魚を釣り上げた良ちゃん…見事にバラシ~よろめいて~指にフックを突き刺し~残念な負傷…
…が、今日の我々は違う…肴ゲットに向けて~早くもノルマ達成~♪…20cm以下の山女魚はリリースし~三匹のみ確保した。

IMG_1649_convert_20170717195630.jpg

頭を叩いて気絶させ~切れ味のわるいナイフ…【WILD BOY #6】で内臓を摘出…が、子持ちの山女魚ちゃん…チト胸が痛い。
…と、鋭く切れる~良ちゃんのカッターナイフ…見事に二匹とも~サバき、ジップロックに…一度、車に戻らねばならない。
…と、ここで~素早く戻る良ちゃんを見失い、最終堰堤の一本前の急勾配を登り始めてしまった私…汗だく登頂も~迷子に…

…が、ここは~落ち着き、方向と下山ポイントを捉えて出発地点へ戻らねばならない…激しい滝の音に近付き~堰堤を発見…
その付近へ向けて緩やかに降り始めた途端~滑り落ちた…うおぉ~死ぬぅ~と、思うも死ぬことはなく、無傷を確認し進む。
大量の汗…頭上の炎天…やがて橋を発見…すると昼寝中の良ちゃんが呼笛を橋の下から送って来る…ようやくゴールだ。

IMG_1651_convert_20170717213843.jpg

氷水に命を与えられ~恒例の蕎麦屋で絶品の岩魚のから揚げを食し~貸し切りの一休の湯に浸かると、睡魔も絶好調に…
…が、ここから一仕事が待っている…ビバーク・ポイントを定め~物資を輸送、テントを張り~寝床を確保…で、BEERを呑む♪
一縷の望みを賭け、岩魚を捉えに~再び入渓するも、不発…で、山女魚を焼く為の串刺し棒となる枝をナイフで削って準備…。

IMG_1664_convert_20170717200001.jpg

焚火用の流木を搔き集め、着火し~団扇で空気を送り込んで、炭火を作る…焼き魚職人~鱒善釣市が、山女魚を焼く…。
焼きたての山女魚…実に絶品♪…残りの一匹は~子持ちの山女魚…しっかり焼いて~熱燗で乾杯し頂いた…。
次第に落日を迎え~辺りが漆黒の闇に包まれると、LEDに無数の羽虫が寄って来る…おとり用のLEDだけでは役に立たず…。

IMG_1667_convert_20170717200142.jpg

今宵のメインデッシュはパスタ・ジェノベーゼ…手際よく~良ちゃんがフライパンで炒め始める頃、無数の虫達も待ちきれず…
…が、何であれ~澄んだ空間で頂く食事は~実に美味しい…天空は、やや曇りも…時折~満点の星空が輝き…美しい。
手際よく~簡単なかたずけをして、テントへ入り~網戸を占めて、【山崎】を舐めながら~睡魔が訪れる迄、強かに~呑む…♪

DSCN1528_convert_20170721001511.jpg

氷河期の夢を見ている…寒く~どうすることもできない夢だ…と、その内~良ちゃんに起こされ、冷えた身体に寝袋を掛けられ
…網戸のまま~きっちり締め切らず~寝落ちした為、明け方の冷気に包まれていたのだ…が、良ちゃんのイビキはうるさい…
なぜ、こうまで異色のイビキをかくのか…笑ってしまうほど~変…と、日が昇る頃~尿意で目覚め、清々しい朝を迎える。

DSCN1549_(2)_convert_20170721001629.jpg

朝食は餅を~醤油で頂く…美味しい珈琲を入れてもらい~川沿いで一服しながら、この大自然の懐の間借りにお礼を…。
サクッとかたずけ…一切の痕跡を残さず~帰還するのが礼儀…バーナー焼けしたミステリーサークルだけが~唯一の痕跡。
連休で突き進む反対車線の大混雑を尻目に~超特急帰宅の走行路線…してやったりの~大自然での一杯…は最強です♪

IMG_1636_convert_20170717144136.jpg

長野から帰還した夜は新盆の迎え火だった。
新調しておいた、LEDの行燈がほのかに灯り、好物と酒が備えられている…仏前に着座し、父の盆帰りを歓迎する…。
雨を回避し~恵まれた天候の渓流…私と連れ添い~遡行を楽しんだろうか…渓流から帰宅し、送り火で父を帰還へと導く…。

時の流れは速い…一分一秒をスイッチする…全ての答えをそこに感じながら、呼吸を整え…そして、この先へと進むのだ♪











テーマ : フィッシング    ジャンル : 趣味・実用

Category: DOWN TO THE RIVER   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

大自然を遡行し、命と向き合う日…

IMG_1619-0_(2)_convert_20170625173134.jpg

梅雨…と、云うより~猛烈な雨が所々で降る…そんな季節になったのは、人間の心と連動した大宇宙の働きの様に思います。
麻央ちゃんがご逝去され…その美貌と柔軟な包括力たる生き方の果て~残された子供達への境遇を感じ取るに…試練とは
自然の成り行き…そのままに~宿命の時の鐘を打つ…そんな話をしながら~完徹二名の狩猟者は夜の闇を裂いて進む…。

親族を失う…その喪失感の延長線上にある哀しみ…私も感じたことのある一人です。
でも、しっかりと…誰かを心配させるそぶりを見せず…気丈に~軽やかに…でも~それは心の表裏であり…やはり人生の試練。
愛…を感じつつ~愛を放射する…一見、偏っている感のある愛も~そのループが発動させる心の揺さぶりは全てを超越する。

IMG_1629_(2)-0_convert_20170625233217.jpg

愛を言葉にするのは難しい…日本人とは~恥の文化人…男たるもの的~歴史に裏打ちされたDNAに支配されていたりする。
しかし…それでも愛は愛以外の~なにものでもない…麻央ちゃんの愛を…心より追悼したいと思います。
全ての答えは、愛によってゴールを向かえる…あらゆる喜怒哀楽を包括させる言葉の代名詞的な言葉…重く、とても尊い…。

心より…冥福を、お祈り申し上げます…。

プライベートが全力投球月間~良ちゃんと、栃木の某湖へ流れ込む川の支流へとやってきた…梅雨の季節も~抜群の天候♪
徹夜での渓流…極めて応える年齢だが~限界への挑戦は必須項目…メガシャッキをグビッと呑んで~いざ出陣っ(^O^)/
メインとなる川の支流…人々が踏み込まない場所は~険しく…危険でもあり~自然そのものの懐と言ってもいいだろうか…。

土からの冬眠に目覚めたカエル…様々な羽虫達は~人懐こく、草木は十分に注意し、濁流に流されぬ様~川を渡る…。

IMG_1617_convert_20170625233343.jpg

命を意識しながら、遡行し~キャスティングしながら…一喜一憂する…渓流に隣接する山々は優しく~そして厳しい。
生命の宝庫…そこを体感するには~気力と体力は絶対だが、精神のキャパシティは広い程よい…そこは、とても肝心な様だ。
釣れなければ…苛立つか?…そうではない…この巨大な渓流での私は~とても小さい細胞のひとコマでしかない…。

天地宇宙たる大地の恩恵…その渓流の野生の川には生命の輪廻が一分一秒のピッチで繰り返され~全てを育んでいる…。
この場所では、気を抜くと~我々も一気に飲み込まれ、緊急事態へ墜落してしまう…それゆえ~しっかりと、楽しむのだ。
楽しむ…と云う思い…自然を汚さない…と云った思いは~この渓流の地の神々へ通心され、その分量分…守られる。

IMG_1628_(2)_convert_20170625233450.jpg

再び小倉へ出動し、時ちゃんの憂鬱と現実論に触れた…盟友、松ちゃんとミッチー…三名の特別な夜を通過した…。
年老いた老兵と、高知の居酒屋でホンキートンク・ブルースを聴いた…。
様々に隣接する同業者のイベントで、古き良き上司と出逢い、我々の活動が呼吸している息吹の大事さを痛感した…。

命…その継続は当たり前ではない…。
命と人生は…とても大切な意味をもたらし、小さくても大きくても幸せだと感じる瞬間の為に、その切っ掛けやチャンスをくれる。
リセットたる月間~最終章…大阪の陣…明日は早朝から出陣するものの~ノー・プランで出動する。

全エネルギーを使い果たした徹夜明けの魂には、違う次元層から特別なエナジーを与えられている…そのまま~出動する。







テーマ : フィッシング    ジャンル : 趣味・実用

Category: 仏と踊れ♪   Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

不動明王を配置…♪


31673921163_0f47644e74_h_convert_20170611175218.jpg

イスム…Tanacocoro(掌)シリーズから~絶品の不動明王がリリースされ…しばし~その造形美に酔いしれながらも…入手♪
イスムの仏達は~基本、インテリアとして飾る…が主体の様ですが~勿論、それも~あり…だと私は思います。
4年前…あまりの造形美に感動し~夢に出現した…雲中供養菩薩…南20号、北25号~この菩薩は、リビングの上空に…。

酉年の今年は~不動明王、総開帳の年…そんな記念すべき年~我が神棚へ、是非とも配置させて頂きたい♪
そんな思いで~週末に時間を取って…仏像へ御霊入れ~気合を入れて、開眼供養を行った…。
仏眼仏母尊の真言を通じ~聖無動尊大威怒王秘密陀羅尼経~仏説聖不動経~稽首聖無動尊秘密陀羅尼経…

20161227151417_convert_20170618102819.jpg

南無三十六童子~不動尊剣の文…大いなる真言を唱え~自己の心想に住する不動明王の御霊を、仏像に送り込む…。
毎年~初詣で更新を行う『不動明王の護符』の前に仏像を配置…そして~改めて仏説聖不動経をもって締めくくる…。
衆生の心想の内を存在場所として~その姿を出現させる不動尊…大日如来の化身にして~強大なパワーを有するのだ。

御霊入れ…云わば~魂と魂の交換の術…と云ったところに集約されようか…。
しかし…見事な造形…この不動明王は絵画で記される処の造形化でもあり、その忠実性と威風堂々の御姿は完璧と言える。
後背の炎は~迦楼羅…いわゆるガルーダが吹く炎~その姿、造形をもイメージとして造形化に織り込まれている。

20121004095923_(2)_convert_20170618103009.jpg

聖無動尊大威怒王秘密陀羅尼経では、文殊菩薩と普賢菩薩が、一押しの明王がいる…と説き、その正体を不動明王であると
明確な解説を交えて唱える…この経典には三つの真言となる陀羅尼が記されており~この真言を体得し、その手法を体得
せよと…書かれている…密教奥儀の中で~オープンであり、手法は簡単であり…心の在り方を問う~シンプルな内容だ。

魔を調伏させる(わるい御霊を降伏させ~供養させること)…まぁ、エクソシストみたいなもの…それを、俄仕込みであっても
可能にさせる、最大限の仏が~不動明王です…至る所に存在する〇〇不動尊と称される寺は、ご本尊が不動明王なのです。
酉年である今年…不動明王~総御開帳の年に当たる記念すべき時に、我が家へ迎え入れる事の出来た事も喜ばしい♪

IMG_0419_convert_20170617184800.jpg

我が家の神棚は~一般的な神社仏閣的なものではない…。
三宝大荒神を本尊とし、文殊菩薩、不動明王、ガルーダ、地蔵菩薩を配し~その全体を大日如来のパワーで包括させる。
偶然の一致…かもしれないが~仏説大荒神施與福徳圓満陀羅尼経には、大日、文殊、不動~同格仏との教義が記されている。

ちなみに関東県内には…三十六不動霊場なる寺院があります…三十六童子の数だけ~分散化させたのでしょう。
三十六童子は、高尾山の薬王院を訪れると~参道で迎えてくれる不動明王の分身であり、強力な童子達です。
神奈川県では~京浜急行路線に沿って、三浦半島での御朱印巡りなる不動尊の寺院巡りが~行われている様ですね。

三千大千世界におわす~様々な八百万の神々…私は、その存在を信じ~仏たちのパワーを授かりながら~それを生かす者。
恐怖…と云う根源的な魔物を自己の魂から退かせ~調伏させる…それは~個の精神の力強さの成せる術でもある…。
しかし、単に~退ける…のではなく、調伏…と云う~魂の輪廻へ導く作業…その基本姿勢が、密教には必要だと思うのです。

その姿勢たる心が~愛…なのです。









テーマ : 仏教・佛教    ジャンル : 学問・文化・芸術

Category: ON THE MOVE   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Well ~Songs of 35 years~

well-jacket-350_convert_20170617190516.jpg

35周年記念…小山卓治が~オールタイム・ベストなるアルバムを、SONYのオーダーメイド・ファクトリーからリリース。
CDの売れない時代…それでも~レコード世代は、CDはアルバムとして購入するもの…だと云う概念が存在するもの…。
そんな要望が~望まれるニーズ分量分だけ…受注生産で形に仕上げる…なんとも商業音楽化した末路の哀しみが伴うのぉ…。

…が、それはそれ…SONYから見限られた以降のレーベルからの楽曲も含め、ブルースペック仕立てでの発売は、チト嬉しい♪
…が、問題は~選曲…あぁ~、いつものように…なぜ、この選曲やねん…が否めない2枚組の構成楽曲が散りばめられている。
卓治ぃ…違うだろぉ~オールタイム・ベスト…と来たら~選曲は、モーチっと選考して欲しかったものだ…。

FILM GIRL Single Ver.…これは良い…中森明菜を勝手に主人公にした楽曲…私は~アルバムVer.より~こっちが好きだ。
年代順に~各アルバムから数曲づつを選考させているが、2001年のベスト盤~Storiesとの重複を考慮している様だ…。
ILLUSION 、下から2番目の男、傷だらけの天使 …いずれも~【ON THE MOVE】からのLIVE Ver.の方が良いはずだ。

逆に~いつか河を越えて …こだわっているねぇ…むしろ~このバージョンより、完成度の高い~PASSINGが望ましいはずだ。
DISC-2 に入ると~アーティスト卓治としての、不発弾がラインナップされており…挿入するなら~RE-MIX…して欲しい。
ギタリストであり、アレンジャーであった原田末秋を失って以降~急降下する卓治の名曲達は、その運命に支配されている。

f19be419e7bc900f5d3aafc27ec157e5-300x300.jpg

願わくば…1 WEST 72 STREET NY NY 10023のLR~ドッキングバージョン…傷だらけの天使の再録…ONCE…
HEART ATTACK…長すぎる夜と遠すぎる朝…前夜…祈り…Bad Dream 2017…この辺りが不足し過ぎているのではないか?
YELLOW WASP…カセット・バージョンかぁ…確かに~タイトな1曲だが、必要だったかのぉ…。

…悩ましいアルバムだ…根っからのファンとして~オールターム・ベスト…と云う肩書が気に喰わない…。
なぜ…談合坂パーキングエリア、 負けないで 、真夜中のボードビル 、再びの~The Fool On The Build' …?
いずれも愛している楽曲なのだが~そこではなく、ここだろう~と、云う期待を見事に裏切る男…卓治…仕方ないのぉ…。

そして~このアルバムの先行ゲットを目論み…8月12日~東京 高田馬場 四谷天窓にてアコースティック・ライブを行う。
バイオリンの磯部舞子、SAXの相棒~SMILEYと共に、本アルバム楽曲を中心に口火を切るのだろう。
…これもまた、悩ましい…行くべきか、回避するべきか…この様に~いつも私を悩ませて~ほくそ笑む卓治…腹立たしい…。

…と、散々~文句を垂れながら、やっぱ卓治に寄り添うかぁ…と思う私も、悩ましい【屋上の愚か者】なのです…。





テーマ : お気に入り&好きな音楽    ジャンル : 音楽

プロフィール

聖

Author:聖
自作楽曲の配信サイトです。
詩を書き~曲を付け~唄う…
そこには、多くの試練と喜びが
待ちうけております…。
喜怒哀楽が伝われば幸いに思います♪

Favorite Songs
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
o'c Rock

powered by blogwatches
MMOタロット占い
BIOGRAPHY