WILD HEART & BROKEN SPIRITS

シンガーソングライターの挑戦状…

Category: DOWN TO THE RIVER   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

友の新たなる旅立ちへ乾杯♪

IMG_0399_(3)-0_convert_20180604194600.jpg

ご無沙汰しております…。
天候抜群と称された週末に~今期、初渓流路へとやって参りました…あらゆる障害を退け、ってかケリを付けての出動…♪
細かきを申せば~ブログ・アップに値する事象も数々あれど、近頃…ブルーライトに眼球が死に~いささか力が入らない。

遡れば~一昨日、久々に相棒の良ちゃんと神田で一杯…新たに会社を脱皮され~心機一転・スタートされとりました…。
…そんな忙しさ頂点の隙間を縫って~奥鬼怒川は、我々の約束の渓流地…愛すべき過酷なる支流へとやって参りました♪
降雪量の少ない~渇水一直線の渓流遡行は、いつになく…その水量の少なさに落胆も~挑み、楽しみ、知恵を絞るのです。

良ちゃんと逢うのも久しぶり…その弾みとタイミングが手伝って、やって来れた渓流路…人生は不思議なものです…
絶妙なタイミングが~この日を、再び再開させるに至る…その偶然にも思える必然に~いつも舌を巻く思いでしょうか。
その様な感覚は、常に…私の日常の都合に合致したかの様に~繋がれて、結実するかの様でもあるのです。

IMG_0404-0_convert_20180604212044.jpg

心を許せる友人と~小さな旅路を、メリハリを持って遊びに出掛けられる時の楽しさは~代え難いものがありますね…。
特に私が日常から大きく脱線した時の彼のフォローには~心が大きく揺さぶられ、あるべき路を示してくれたと思うのです。
そんな彼の新しい道の選択…そこには~時代に則した懸命な判断と、挑戦心が満ちあふれていて逆に励まされるものです。

しっかり取り組んで、代価に値する人生を生きる…そこに到達している者は、紛れもなく幸せ者と云えましょう…。
仮にそうでなくても~共に生きて、隣人を気遣い~邁進する姿に訪れるものは、価値の大いなる結果の結晶となりましょう。
BRIGHT LIGHT BIG BOY…に唄った歌詞は、その種の活かし方を指し記しましたが、その具体事例を感じる事は正に至福…♪

IMG_0398_(2)-0_convert_20180604212232.jpg

思えば、16歳の時…彼の家に遊びに行った時、ギターケースがなくて~紙袋に入れて持参した時も、笑って応えてくれた。
ギターを憶えたのも~彼の技術に値する術を学び、渓流も~彼なくして、現状の至福に至ることはなかったのです…。
長い旅路を、共に生きてこれて~それぞれの人生の柱となる背骨を保持していると思える時を生きれる事は、嬉しいこと…。

私あたりは~本物に寄り添うフェイク・マスターと…申しましょうか…(+o+) …そんで~私の釣り上げた山女魚ちゃん♪

IMG_0402_convert_20180604212405.jpg

そんな我がリアル・マスターと云える友人の新たなる旅立ち…喜ばしくも~幸ある未来へと乾杯です♪
多くのミュージシャンや、音楽関係に精通した玄人衆達のかゆい処へ手を届かせ~日本の未来の音楽業界の端くれも~
要な事案をストレートにご提供申し上げる…あっぱれぜょ~良ちゃん!…コツコツと~積み上げる日々を祈る私でございます。

しっかし…酷い筋肉痛…泣けてきます…(T_T)



スポンサーサイト

テーマ : ルアーフィッシング    ジャンル : 趣味・実用

Category: DOWN TO THE RIVER   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

夏の終わりの遡行路を行け

IMG_1728-0_convert_20170905214624.jpg

夏の終わり…9月へと突入すると~間もなく入渓が終了する…早いものだ…せめて~10月中旬迄…が望みたいのぉ…。
ここ数回は~良ちゃんの短いロッドを借りて遡行したのだが、こいつがすこぶる良い♪
わずか15cm…短いだけでも~キャストの着水地点への命中率…移動時の~草木への接触の回避など…良いことづくめ♪

そんな~9月の休日を迎えるミッドナイト…良ちゃんの友人…私の友人と言ってもよい~半ちゃんとの参戦日を迎えた。
屈託のない笑顔には~波乱万丈と書いてあり、早くして奥方と死別された以降~シングル・ファーザーが孤軍奮闘してきた
日々は一切の自由も余暇もない…子供達を立派に育てる為だけに費やしてきた日々の結晶的な笑顔なのであった…。

目一杯を生き抜いてきたMr.MEN AT WORKERには~小賢しい理屈や偏見がない…しかし~明治乳業の逸品~【R-1】の話
になると、口角泡を飛ばし…これさえ飲んでいれば、あらゆる病魔を駆逐する…と云う~力説には抵抗力を失うばかりだ…。
外は雨…良ちゃんの計らいで~移動中…半ちゃんと私は車中居酒屋状態…しかし~この状態では睡魔に勝てず…撃沈…。

IMG_1716_convert_20170920170443.jpg

天地宇宙の恩恵を受け~雨雲が過ぎ去り、入渓する…。
第1投目の着水地点…そこが失敗すると~岩魚は二度と喰いついてこない…激流地点にいる山女魚も流れに沿ったルアー
の流し方がわるければ~警戒心を植え付けてしまい、喰ってこない…そんな半ちゃんと私は~苦戦を強いられ遡行する。

良ちゃんは、やはり~コンスタントに釣り上げるのだが、私や半ちゃんのバラシタ一匹を~後からサクッとゲットしちゃう…
例によって~バーブレスフックでの喰い付き時、一気に引き寄せる事に躊躇すると~サクッと逃げられる…ん~難儀っ。
チト下流へ移動~すると慌てて入渓する輩…こいつが間欠泉手前で~行く手を塞ぎ、近付くと威嚇して来るので~支流へ…

IMG_1715_(2)_convert_20170920170258.jpg

今回も支流の第2堰堤を超え~先へ先へと進む…三名で遡行する渓流…半ちゃんの様子を見ながら~待ったり越したり
今年三月…雪まみれの新潟渓流では坊主だった半ちゃんに~なんとか記念すべき一匹目を釣り上げて頂きたい。
昼過ぎ終焉予定も~いつもの様に、夕刻へと滑り込み…と、半ちゃんがついに釣り上げた♪ …と、私が~坊主状態…

そうなると~私の一匹ゲット待ちとなる…焦るものです…。
…と、この一投は凄まじい感覚だった…着水と同時に喰い付いた感触~そのまま一気に巻き続け~よーやく一匹ゲット♪
…至福と疲労に包まれ~夕闇を、第二温泉場へと向かい…強かに浸かり~やっぱ佐野拉麺&餃子セットを胃袋へ…♪

IMG_1745_convert_20170920170647.jpg

…と、この帰路~どうすることも出来ない睡魔に襲われ…了承を得て~完璧な睡眠地獄へと墜落…。
この睡魔は~帰宅後も半端ではなく、間もなく寝てしまった…すると翌朝~カミサンからクレーム…金縛りにあったと…。
ん~お持ち帰りしてきたかぁ…となれば、自己除霊を行い~浮成仏御霊を三宝荒神を通じて供養せねばならない。

そもそも~憑依体質のカミサン…お持ち帰り霊魂は~直ぐに実態を表し、カミサンの肩に乗っかって肩こりを増長させる。
さて~そうとなれば、身を清め、修験三次勤行式~荒神供養を丁寧に読み上げ、浮成仏霊の御霊を切り離し~天空へ帰す。
疲れ果てていると~エネルギーは低下する為、憑依しやすくなるのだねぇ…そんな場合は~そうやって処置をする。

今期~最後の渓流となっちゃったかなぁ…。
オフに入ったら~キャンプ…オフトレの登山…そしてアルバム創作を開始する頃合いでしょうか…♪
充分な準備をするシーズン…そんな時も~楽しみながら、来るべき来期の渓流に思いを馳せ~日常に取り組むのです。









テーマ : ルアーフィッシング    ジャンル : 趣味・実用

Category: DOWN TO THE RIVER   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

真夏のビバークに酔いしれる…

IMG_1663_(2)-0_convert_20170717102332.jpg

忙しい毎日…理不尽な案件も~ひっくるめ、その恩恵のど真中を突っ走る列車に乗車したまま、可能性を追随し続けている。
7月の初旬~九州地区を襲った幾重もの~線状降水帯…凄まじい豪雨に見舞われた福岡の朝倉市…。
ホテルのTVニュースで報じられている圧倒量の濁流に呑み込まれている家屋を見て、思わず~ちゃらこ姐さんへ一報をする。

間もなく~ご家族を含め無事の一報に安堵するも、予断を許さぬ状況下では~安心して睡眠もとれぬ状況であったろう…。
その6日後~北九州へ弾丸出張をして来たのだが、蒸し返す様な暑さ…断続的な局部的雨は今だ続いている状況であった。
尊い命が失われた…現代を生きる自然の驚異の前…人間は実に無力なものと感じます…ご冥福をお祈り致します。

休む間もなく~週末仕事にケリを付け、ストレージ・バックにありったけの荷物を詰込んで~良ちゃんの車に滑り込む。
呑みに行く…のを大都市の蒸し返す喧騒を退け~大自然の懐に場所を変え、釣り上げた魚達を肴に乾杯をする入渓だ…♪
真夏の初ビバーク…徹夜で現着も~本日の勝負はAM5時スタート~午前中一杯の一本勝負…ノルマは一人~二匹確保。

IMG_1641-0_convert_20170717143818.jpg

連休の女夫渕~絶景場所…熊避け鈴をチャリン・チャリンと鳴らす爺さんが足早に入渓して行くので、我々は野生の支流へ…
キャスト一発で~巨大な岩魚を釣り上げた良ちゃん…見事にバラシ~よろめいて~指にフックを突き刺し~残念な負傷…
…が、今日の我々は違う…肴ゲットに向けて~早くもノルマ達成~♪…20cm以下の山女魚はリリースし~三匹のみ確保した。

IMG_1649_convert_20170717195630.jpg

頭を叩いて気絶させ~切れ味のわるいナイフ…【WILD BOY #6】で内臓を摘出…が、子持ちの山女魚ちゃん…チト胸が痛い。
…と、鋭く切れる~良ちゃんのカッターナイフ…見事に二匹とも~サバき、ジップロックに…一度、車に戻らねばならない。
…と、ここで~素早く戻る良ちゃんを見失い、最終堰堤の一本前の急勾配を登り始めてしまった私…汗だく登頂も~迷子に…

…が、ここは~落ち着き、方向と下山ポイントを捉えて出発地点へ戻らねばならない…激しい滝の音に近付き~堰堤を発見…
その付近へ向けて緩やかに降り始めた途端~滑り落ちた…うおぉ~死ぬぅ~と、思うも死ぬことはなく、無傷を確認し進む。
大量の汗…頭上の炎天…やがて橋を発見…すると昼寝中の良ちゃんが呼笛を橋の下から送って来る…ようやくゴールだ。

IMG_1651_convert_20170717213843.jpg

氷水に命を与えられ~恒例の蕎麦屋で絶品の岩魚のから揚げを食し~貸し切りの一休の湯に浸かると、睡魔も絶好調に…
…が、ここから一仕事が待っている…ビバーク・ポイントを定め~物資を輸送、テントを張り~寝床を確保…で、BEERを呑む♪
一縷の望みを賭け、岩魚を捉えに~再び入渓するも、不発…で、山女魚を焼く為の串刺し棒となる枝をナイフで削って準備…。

IMG_1664_convert_20170717200001.jpg

焚火用の流木を搔き集め、着火し~団扇で空気を送り込んで、炭火を作る…焼き魚職人~鱒善釣市が、山女魚を焼く…。
焼きたての山女魚…実に絶品♪…残りの一匹は~子持ちの山女魚…しっかり焼いて~熱燗で乾杯し頂いた…。
次第に落日を迎え~辺りが漆黒の闇に包まれると、LEDに無数の羽虫が寄って来る…おとり用のLEDだけでは役に立たず…。

IMG_1667_convert_20170717200142.jpg

今宵のメインデッシュはパスタ・ジェノベーゼ…手際よく~良ちゃんがフライパンで炒め始める頃、無数の虫達も待ちきれず…
…が、何であれ~澄んだ空間で頂く食事は~実に美味しい…天空は、やや曇りも…時折~満点の星空が輝き…美しい。
手際よく~簡単なかたずけをして、テントへ入り~網戸を占めて、【山崎】を舐めながら~睡魔が訪れる迄、強かに~呑む…♪

DSCN1528_convert_20170721001511.jpg

氷河期の夢を見ている…寒く~どうすることもできない夢だ…と、その内~良ちゃんに起こされ、冷えた身体に寝袋を掛けられ
…網戸のまま~きっちり締め切らず~寝落ちした為、明け方の冷気に包まれていたのだ…が、良ちゃんのイビキはうるさい…
なぜ、こうまで異色のイビキをかくのか…笑ってしまうほど~変…と、日が昇る頃~尿意で目覚め、清々しい朝を迎える。

DSCN1549_(2)_convert_20170721001629.jpg

朝食は餅を~醤油で頂く…美味しい珈琲を入れてもらい~川沿いで一服しながら、この大自然の懐の間借りにお礼を…。
サクッとかたずけ…一切の痕跡を残さず~帰還するのが礼儀…バーナー焼けしたミステリーサークルだけが~唯一の痕跡。
連休で突き進む反対車線の大混雑を尻目に~超特急帰宅の走行路線…してやったりの~大自然での一杯…は最強です♪

IMG_1636_convert_20170717144136.jpg

長野から帰還した夜は新盆の迎え火だった。
新調しておいた、LEDの行燈がほのかに灯り、好物と酒が備えられている…仏前に着座し、父の盆帰りを歓迎する…。
雨を回避し~恵まれた天候の渓流…私と連れ添い~遡行を楽しんだろうか…渓流から帰宅し、送り火で父を帰還へと導く…。

時の流れは速い…一分一秒をスイッチする…全ての答えをそこに感じながら、呼吸を整え…そして、この先へと進むのだ♪











テーマ : フィッシング    ジャンル : 趣味・実用

Category: DOWN TO THE RIVER   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

大自然を遡行し、命と向き合う日…

IMG_1619-0_(2)_convert_20170625173134.jpg

梅雨…と、云うより~猛烈な雨が所々で降る…そんな季節になったのは、人間の心と連動した大宇宙の働きの様に思います。
麻央ちゃんがご逝去され…その美貌と柔軟な包括力たる生き方の果て~残された子供達への境遇を感じ取るに…試練とは
自然の成り行き…そのままに~宿命の時の鐘を打つ…そんな話をしながら~完徹二名の狩猟者は夜の闇を裂いて進む…。

親族を失う…その喪失感の延長線上にある哀しみ…私も感じたことのある一人です。
でも、しっかりと…誰かを心配させるそぶりを見せず…気丈に~軽やかに…でも~それは心の表裏であり…やはり人生の試練。
愛…を感じつつ~愛を放射する…一見、偏っている感のある愛も~そのループが発動させる心の揺さぶりは全てを超越する。

IMG_1629_(2)-0_convert_20170625233217.jpg

愛を言葉にするのは難しい…日本人とは~恥の文化人…男たるもの的~歴史に裏打ちされたDNAに支配されていたりする。
しかし…それでも愛は愛以外の~なにものでもない…麻央ちゃんの愛を…心より追悼したいと思います。
全ての答えは、愛によってゴールを向かえる…あらゆる喜怒哀楽を包括させる言葉の代名詞的な言葉…重く、とても尊い…。

心より…冥福を、お祈り申し上げます…。

プライベートが全力投球月間~良ちゃんと、栃木の某湖へ流れ込む川の支流へとやってきた…梅雨の季節も~抜群の天候♪
徹夜での渓流…極めて応える年齢だが~限界への挑戦は必須項目…メガシャッキをグビッと呑んで~いざ出陣っ(^O^)/
メインとなる川の支流…人々が踏み込まない場所は~険しく…危険でもあり~自然そのものの懐と言ってもいいだろうか…。

土からの冬眠に目覚めたカエル…様々な羽虫達は~人懐こく、草木は十分に注意し、濁流に流されぬ様~川を渡る…。

IMG_1617_convert_20170625233343.jpg

命を意識しながら、遡行し~キャスティングしながら…一喜一憂する…渓流に隣接する山々は優しく~そして厳しい。
生命の宝庫…そこを体感するには~気力と体力は絶対だが、精神のキャパシティは広い程よい…そこは、とても肝心な様だ。
釣れなければ…苛立つか?…そうではない…この巨大な渓流での私は~とても小さい細胞のひとコマでしかない…。

天地宇宙たる大地の恩恵…その渓流の野生の川には生命の輪廻が一分一秒のピッチで繰り返され~全てを育んでいる…。
この場所では、気を抜くと~我々も一気に飲み込まれ、緊急事態へ墜落してしまう…それゆえ~しっかりと、楽しむのだ。
楽しむ…と云う思い…自然を汚さない…と云った思いは~この渓流の地の神々へ通心され、その分量分…守られる。

IMG_1628_(2)_convert_20170625233450.jpg

再び小倉へ出動し、時ちゃんの憂鬱と現実論に触れた…盟友、松ちゃんとミッチー…三名の特別な夜を通過した…。
年老いた老兵と、高知の居酒屋でホンキートンク・ブルースを聴いた…。
様々に隣接する同業者のイベントで、古き良き上司と出逢い、我々の活動が呼吸している息吹の大事さを痛感した…。

命…その継続は当たり前ではない…。
命と人生は…とても大切な意味をもたらし、小さくても大きくても幸せだと感じる瞬間の為に、その切っ掛けやチャンスをくれる。
リセットたる月間~最終章…大阪の陣…明日は早朝から出陣するものの~ノー・プランで出動する。

全エネルギーを使い果たした徹夜明けの魂には、違う次元層から特別なエナジーを与えられている…そのまま~出動する。







テーマ : フィッシング    ジャンル : 趣味・実用

Category: DOWN TO THE RIVER   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

渓と云う生命の源に触れる…

IMG_1558_(2)_convert_20170604112303.jpg

6月となった…。
春夏秋冬を通じ~最も季節の心地良さを感じさせてくれる初夏の休日…相棒の良ちゃんと夜を切り裂いて栃木路を進む。
今年の1月末…お仕置きだべぇ~による足指骨折を超え、今季初の渓流遡行…心躍る瞬間~睡魔と闘い朝を迎える…。

我らが自然の頂は、この冬を超え~ゲリラ豪雨、強風などの影響で、多くの落石や倒木によって、その姿を変えている。
それでも春は訪れ、草木が芽生え~虫たちが元気に活動を始める初夏…魚たちも適度な放流を受け~命の鼓動を奏でる。
寒い早朝…やや腫れた左足をcaravan KR-1Fに押し込んで~スタンバイOK…先行出発隊2名の釣り人を回避して入渓~♪

この6月は、九星気学としての運気が低迷する月刊…それゆえ~エネルギーの充電期間と定めている。
全力疾走を継続し~ひとつの結果と位置付けられた5月の総決算はどうだったか?…その手応えは、感じ取ることが出来た。
立ち止まり、充電し~再び走り始める…そのインターバルとしての月光が降り注ぐ…無駄な無理をせず~楽しむのです♪

キャスティングのブランクは大きい…定めた着水ポイントへのキャストは一投目で決まってしまう…。
それは~ヒットの確立を落とすだけでなく、ブッシュや枝に引っ掛けてしまい~ルアーと永遠のお別れ…に直結する。
基本~購入したルアーはトリプルフックだが、全てシングルに変えてやる…トリプルフックは魚達にダメージを与える。

IMG_1562_(3)_convert_20170606221739.jpg

交換のやり方を良ちゃんに教えてもらい~シングルフック装着後、針の返し部を潰してやる様にした…。
バーブレス・フックなルアーも売ってはいるが、ほとんどが~返しのある針である為、概ね~潰してやらねばならない。
そうすると~釣り上げた後、針を外し易いし、魚を元気にリリースし~自然に返してやることが出来る。

…釣れない…しかし、釣れない…いゃ、言い訳がましいが~ヒットはする…が、バーブレスな為~すぐに逃げられる…。
しかし、心は爽やかだ…久々の渓に入り、鳥たちの囀り、川のせせらぎ、上昇する気温の暖かさ…湿度なき大自然…。
川を渡り、谷間を縫って、頂を超える…開放された魂が浄化されながら~全力で突き進みエネルギーを燃焼させる。

中腹の上流…間欠泉ポイントへ辿り着いた…水温が低く、ウェーダーなしの良ちゃんは長時間の入水ギブ状態だが
ウェーダーを装着していても冷たい水温…が、ここには~巨大な岩魚が住み着いており、ヒットの確立が高い…。
しかし…時間がわるい~喰いついてこない…と、急に川が濁り始め、水流が増す…上流で雨が降ったのだ…。

…下半身濡れの体温低下と睡魔により~良ちゃんは巨岩の上…日光に癒され昼寝をしている。
この3年間…いくつかの渓流で~最悪の時期もあった…心から楽しめないと云う現実を退けず~地道の先…この地点にいる。
下流に移動…既に延長戦…と、濁流の中心点~確かな手ごたえ…おぉ~山女魚様…ありがたゃ~坊主回避の女神様っ♪

IMG_1563_(2)_convert_20170606220605.jpg

試合終了…上人一休の湯へ~疲れ果てさせた身体を貸し切り温泉へ浸け、この世の極楽浄土に溶け込んでしまう…。
湯上りの一杯…自販機の三ツ矢サイダーとビックルは常温…自販機故障かぁ…損した気分も~お土産に持ち帰る…。
死にそうな睡魔に打ち勝てず…助手席で討ち死に…良ちゃんは爆走し~高原を下山…猛烈な速度で~佐野SA着♪

既に夕飯時刻だが~我々のスペシャル・ランチ…佐野SA上り~名物・佐野拉麺に舌鼓を打ちながら、再生する…。
久々に過ごした良ちゃんとの渓流…渓流は全エネルギーを使い切り~再び蘇生を開始する魂の浄化作用の一環でもある。
大自然に心のプラグを差し込み~全てを開放する瞬間…多くの生命との一体感を感じる…良いリセットが出来た様です♪




テーマ : ルアーフィッシング    ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

聖

Author:聖
自作楽曲の配信サイトです。
詩を書き~曲を付け~唄う…
そこには、多くの試練と喜びが
待ちうけております…。
喜怒哀楽が伝われば幸いに思います♪

Favorite Songs
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
o'c Rock

powered by blogwatches
MMOタロット占い
BIOGRAPHY