WILD HEART & BROKEN SPIRITS

シンガーソングライターの挑戦状…

Category: DOWN TO THE RIVER   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

渓と云う生命の源に触れる…

IMG_1558_(2)_convert_20170604112303.jpg

6月となった…。
春夏秋冬を通じ~最も季節の心地良さを感じさせてくれる初夏の休日…相棒の良ちゃんと夜を切り裂いて栃木路を進む。
今年の1月末…お仕置きだべぇ~による足指骨折を超え、今季初の渓流遡行…心躍る瞬間~睡魔と闘い朝を迎える…。

我らが自然の頂は、この冬を超え~ゲリラ豪雨、強風などの影響で、多くの落石や倒木によって、その姿を変えている。
それでも春は訪れ、草木が芽生え~虫たちが元気に活動を始める初夏…魚たちも適度な放流を受け~命の鼓動を奏でる。
寒い早朝…やや腫れた左足をcaravan KR-1Fに押し込んで~スタンバイOK…先行出発隊2名の釣り人を回避して入渓~♪

この6月は、九星気学としての運気が低迷する月刊…それゆえ~エネルギーの充電期間と定めている。
全力疾走を継続し~ひとつの結果と位置付けられた5月の総決算はどうだったか?…その手応えは、感じ取ることが出来た。
立ち止まり、充電し~再び走り始める…そのインターバルとしての月光が降り注ぐ…無駄な無理をせず~楽しむのです♪

キャスティングのブランクは大きい…定めた着水ポイントへのキャストは一投目で決まってしまう…。
それは~ヒットの確立を落とすだけでなく、ブッシュや枝に引っ掛けてしまい~ルアーと永遠のお別れ…に直結する。
基本~購入したルアーはトリプルフックだが、全てシングルに変えてやる…トリプルフックは魚達にダメージを与える。

IMG_1562_(3)_convert_20170606221739.jpg

交換のやり方を良ちゃんに教えてもらい~シングルフック装着後、針の返し部を潰してやる様にした…。
バーブレス・フックなルアーも売ってはいるが、ほとんどが~返しのある針である為、概ね~潰してやらねばならない。
そうすると~釣り上げた後、針を外し易いし、魚を元気にリリースし~自然に返してやることが出来る。

…釣れない…しかし、釣れない…いゃ、言い訳がましいが~ヒットはする…が、バーブレスな為~すぐに逃げられる…。
しかし、心は爽やかだ…久々の渓に入り、鳥たちの囀り、川のせせらぎ、上昇する気温の暖かさ…湿度なき大自然…。
川を渡り、谷間を縫って、頂を超える…開放された魂が浄化されながら~全力で突き進みエネルギーを燃焼させる。

中腹の上流…間欠泉ポイントへ辿り着いた…水温が低く、ウェーダーなしの良ちゃんは長時間の入水ギブ状態だが
ウェーダーを装着していても冷たい水温…が、ここには~巨大な岩魚が住み着いており、ヒットの確立が高い…。
しかし…時間がわるい~喰いついてこない…と、急に川が濁り始め、水流が増す…上流で雨が降ったのだ…。

…下半身濡れの体温低下と睡魔により~良ちゃんは巨岩の上…日光に癒され昼寝をしている。
この3年間…いくつかの渓流で~最悪の時期もあった…心から楽しめないと云う現実を退けず~地道の先…この地点にいる。
下流に移動…既に延長戦…と、濁流の中心点~確かな手ごたえ…おぉ~山女魚様…ありがたゃ~坊主回避の女神様っ♪

IMG_1563_(2)_convert_20170606220605.jpg

試合終了…上人一休の湯へ~疲れ果てさせた身体を貸し切り温泉へ浸け、この世の極楽浄土に溶け込んでしまう…。
湯上りの一杯…自販機の三ツ矢サイダーとビックルは常温…自販機故障かぁ…損した気分も~お土産に持ち帰る…。
死にそうな睡魔に打ち勝てず…助手席で討ち死に…良ちゃんは爆走し~高原を下山…猛烈な速度で~佐野SA着♪

既に夕飯時刻だが~我々のスペシャル・ランチ…佐野SA上り~名物・佐野拉麺に舌鼓を打ちながら、再生する…。
久々に過ごした良ちゃんとの渓流…渓流は全エネルギーを使い切り~再び蘇生を開始する魂の浄化作用の一環でもある。
大自然に心のプラグを差し込み~全てを開放する瞬間…多くの生命との一体感を感じる…良いリセットが出来た様です♪




スポンサーサイト

テーマ : ルアーフィッシング    ジャンル : 趣味・実用

Category: DOWN TO THE RIVER   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

夏の魚野川へ挑め!

IMG_0883+(2)_convert_20160717230613.jpg

 水不足…すなわち~渓流は渇水…それでも~新潟の地は、かろうじてぇ…イケるであろうと~良ちゃんが語る…。
 それでは…と云う事で~連休に乗じ、湯沢へ向けて突っ走ってみた♪
 越後湯沢…かつて友人【ヨッタ】の所有するペンションが石打丸山にあり~そこでスキーを初めて覚えた地でもある…。

 二度目の湯沢…谷川岳の長いトンネルを抜けると真夏の日差し…夏の軽装で身支度を整え~いざ、下流から…。
 渇水は著しいが~足場なき場所では鮎釣りの先客が場所を仕切っており、少しづつポイントを変えて進む。
 釣れぬ…釣れぬ…と、ひたすら進むも~良ちゃんは確実に釣果を上げる…しかしだなぁ、狩猟は諦めてはダメ!

 IMG_0881_convert_20160807185145.jpg

 夕闇が迫り~初日は坊主…夕食時は腹ペコも~湯沢の街で、鮎の一夜干しを頂きながら~美味しいハイボール…。
 …が結局、千鳥足バックも~良ちゃんの持参した【宣有千萬(よろしくせんまんあるべし)】の封を開け~一杯っ♪
 …ん~っ、こいつはまるで~白酒(ばいちゅう)!…中国は寒い地域での~お酒…とても、そっくりなテイストだ。

 yoroshikusenmanK_convert_20160807185437.jpg

 宿泊施設で、そいつを頂きながら~ディープな陶酔感に包まれていると、同席の女子社員が上司に怒りの刃を…。
 そんな彼女の聞こえてしまう発散ストレス…何気に怒られている感と共に~睡魔と共に寝床で墜落する…。
 …朝は早い…さっさと身支度をして~リベンジ・ポイントへ到着…と、水門へ放り込んだ1発目がヒット♪

 ん~後にも先にも…この一発ヒットのみ…いゃいゃ~なかなか上達しないものです…が、坊主じゃなかった(^O^)/
 初トライのポイントへ移り遡行するも~私ゃ…相変わらず…良ちゃんは~さすがも、渇水具合は否めず…終了。
 …くたびれました…久々の渓流遡行は足腰にすこぶる…それでも、気持ちの爽快感は~最高に高揚感、頂点♪

 IMG_0878_convert_20160807185707.jpg

 昼食で頂いた~魚沼産こしひかり+鮪の丼は絶品に美味しく~夜の湯沢街で頂いた鮎の一夜干しも実に美味だった…。
 帰路へ…の前に~【三俣街道の湯】で、ずぶ濡れ&老体を解放させる…こいつが至福の時です…そして~腹ペコの
 泣き叫ぶ胃袋へ…【ひぐま垃麺】~にて手を打つ…が、チト残念なテイスト…生姜のえぐみが邪魔をしており…(>_<)

 IMG_0885_convert_20160807185926.jpg

 夏の渓流遡行は~脱水症状を回避しながら、上手に対応せねばならない…虻や蛇~蜂の住処もお邪魔して進むゆえ
 人気を消し去り、投打一発目に神経を集中しなくてはならない…キャストフォームを再び注意しながらトリプルフックの
 ルアーは~やっぱシングルに付け替えねば…などと思いながら~暮れゆく時間を惜しみながら…心のチャージ完了♪

 IMG_0887_convert_20160807190220.jpg

 帰路路~谷川SAで、谷川岳の地下水を~ペットボトルに入れて持ち帰った。
 雪解け水が6年をかけて浸水したもので~導水にあたり、人口濾過をされているものの、冷たくてとても美味しい♪
 山の恩恵はありがたいものですね…登山で訓練…も、せねばなりません♪

 IMG_0149_(2)_convert_20160807194858.jpg

 良ちゃんから~北海道のお土産、【喜多里の麦焼酎×4本セット】と【鮭トバ】を頂戴した♪
 夏の甲子園と~オリンピック競技を観戦しながら、休日の友とさせて頂きます…ありがと様です。
 道の駅で買ってきた【越乃柿の種】…我が家ではあっと云う間にソールドアウト…米所のお菓子は~人気者です♪


 

 
 
  

テーマ : 釣り・フィッシング    ジャンル : スポーツ

Category: DOWN TO THE RIVER   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

答えは激流の中にある

IMG_0075-1_convert_20150419174929.jpg

 悩み…挫けた一週間だった。
 信じる思いと~突き付けられる現実のギャップは理不尽も、やはり~運命として回転する毎日を生きねばならない。
 バランスを崩しては駄目だ…崩すとロクな事がない…そして~さらに凹む気持ちで受けた受信は、週末渓流ぅ…♪

 やや強制的に立て直したモチベーションを懐に抱えつつも~迎えに来てくれた良ちゃんの車に滑り込む。
 横浜から~およそ4時間…奥深い山々から湧き出る清流は、未だ残雪もあり~夜明け前の気温は-1℃ですぜぇ…。
 この時期の渓流釣りは、決して楽ちんではない…と、主将の良ちゃんは云う…虫の活発時期やや少し前でもあり…。

 IMG_0077-0_convert_20150419201709.jpg

 …と、開始間もなく~勢いのある水流に軟な下半身のバランスを崩し…と、半身ずぶ濡れ…強力に冷たぃ!
 …やると思ったよぉ…と、云われながらも~事前に渡された水没NGの【IPHONE】は御蔭様で~危機一髪♪
 …濡れた左半身の身体…次第に吹き抜ける春の風が体温を奪い~戦意喪失感を否めず…凍える指先…。

 この日…幸せな事にも~天候は晴れ…次第に~昇る太陽の恩恵で、気温も上昇♪…次第に渇く衣服と気持ち♪
 …が、しなだれた枝へ~何度も引っ掛けてしまい…失い続けるルアー…この別れはいささか淋しい・・。
 と、良ちゃんが、早速~シルバー変色を遂げた野生魚たる【山女魚】を釣り上げた。

 IMG_0088-0_convert_20150419200517.jpg

 間もなく~見事なボディカラーを有した【岩魚】も釣り上げた…と、今回~持ち帰り、食してみようと思いつつ持参した
 サバイバル・ナイフ…しかし~見事なまでに錆びている…おまけに~魚籠があるわけでもなく…やっぱ~リリース。
 …それにしてもぉ~一向に当たりのない私…逸る気持ちは~やっぱ、向こう岸の枝へルアーを引っ掛けてしまい…。

 今回は、温泉地近郊の堰堤前のポイント~上流~下流へと河岸を変えながら、釣人を避けて遡行を続けた。
 何気にツイていない状況を引き摺りながら~『あわよくば』の下心と決別する。
 今月~多い雨…激流の川の流れ…恩恵たる日差し…激しく流れる水流も~部分的に深い緑色と透明度の美しさ。

 IMG_0083_convert_20150419200847.jpg

 …考えまい、としても~個たる魚狩猟は、その調子と連動し~日常に抱える悩み事をリピートさせる。
 しかし、この空を仰ぎ~渇き始める左半身の様に、被災は~時を持って、解消される…と、解っていても、人の心は
 不安と自分らしさの在り方を天秤にかけながら~然るべき道へ歩くべきか、否かを問い掛けてしまうもの…。

 だが、この目前にした激流を眺めていると、保持している暗雲を留めている必要は一切ないのだ…と感じる…。
 見上げた空の雲も~少し経てば、果てしない彼方へと移動しながら、その形状を少しづつ変えて行く。
 ここで聴こえるのは、激しくも静かな川の流れと…鳥の囀りだけ…そこに持ち込む【不の思い】に意味はないのだ…。

 前半戦の出来事だが、ずぶ濡れの私…急勾配の道なき崖を登った…と、これが実に厳しく~私のフェルトブーツでは
 踏ん張れず~滑り落ちそうになる…と、別ルートの良ちゃんと昇りきった場所…無料の足湯場だった…♪
 ここで、一切の感覚を失った指先を温める…活き返る感のある指先の感覚…苦境の果てに待つものが…至福感♪

 IMG_0069-0_convert_20150419201227.jpg

 遅い昼食を~【蕎麦&岩魚の唐揚げ】で締めた♪…これがぁ~美味い…類を見ないテイストなのです。
 そして、最終ラウンドを夕暮れまで~下流でトライするが、もはや太ももはバースト寸前…完膚なきまでに終了だ…。
 帰宅路…猛烈な睡魔と同居しながら~今回、良ちゃんはDVDで~『BACK TO THE FUTUREⅠ~Ⅱ』を往復上映♪

 睡魔を忘れ~見入ってしまった♪…忘れ去られた物語の記憶を呼び起され~感じる思いは、ちょっと格別だった。
 映画・音楽・小説…に~どっぷりハマり、常に新しものを配信しようとしていた時代がある。
 …そんな個の奥深くに眠る潜在意識に~灯された様な炎…そこへの到達も~きっと、自分への回帰の一歩であろう。

 IMG_0091_convert_20150419201432.jpg

 坊主の一日…されど、意味深い一日…。
 『ツイてない時って~やっぱ、こんな玉砕感っす…』、と云ったら~『いゃいゃ、腕です♪』…と、返された…(;一_一)
 ごもっともです…天候に恵まれた日…気持ちを浄化させるに~充分な感覚…

 …明日、戦闘意欲の服を身にまとい~自己の持つべき真のパワーを買い戻しに行こう♪


  
 

 
 

テーマ : フィッシング    ジャンル : 趣味・実用

Category: DOWN TO THE RIVER   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

解禁一発目…

e0063969_19581983_convert_20150308201730.jpg

  午前中は雨かぃ…雨雲の移動する予報によれば~到着時刻の目的地は雨上がり…と、なるはずだ。
  そんな早朝…バディの良ちゃんは定刻時刻に到着~渓流解禁の3月…心は踊りながらも~寒さと雨が気になる…。
  …が、イメージする…到着の頃~雨は止み、陽が射し~気温は上がり、放流間際の入れ食い♪…などとぉ…。

  …と、渓流解禁の某関東地区近辺の渓流釣りポイントへとやって参りました。
  今回はポイントを絞り~上流~支流~下流への飽くなき遡行を、体力の限界まで挑む開幕スペシャル♪
  前回…惨敗を喫したリベンジキャスト…ホント、ちゃんとにアマゴやニジマスは生息しとるんだろうねぇ…。

  20121017020442402.jpg

  渓流開幕から遡ること三日前…神田は【鳥富久(とりふく)】で、絶品の焼鳥をご馳走になった…♪
  開幕直前の作戦会議は重要だ…山岳部へ行けば~残雪による寒さと陥没箇所に注意を払わねばならない…。
  週末の天候予報は雨…諸々の条件を考慮し、海に近い場所…やや気温が緩やかな~この場所へ絞ったのだ。

  遊魚券~購入にいささか手間取りながら、絶好の駐車スペースを見付け~そぼ降る霧雨の中、準備をする。
  山岳修行者の様な釣人が戻って来た…良ちゃんが釣果を訪ねるも…『ん~しぶいねぇ…』と、きたもんだ。
  そんで、清流へ踏み込み~左右に分かれて、少し練習をしてから、上流へ遡行開始を始める♪

  間もなく、霧雨は止み…若干だが、気温も上昇…予定通りの好条件と…流れる水流は勢いがいい♪
  大きな岩場の淵へ投げ込み~ラインを巻き、数回~同じ様に投げ込み、あたりが無ければ、先へ進む…。
  気付けば良ちゃんの姿が見えず~随分先へと進んでいる…上流へ遡行に従って渓谷は深くなる。

  一向に当たりはないが、野鳥の囀りと清流の流れる音…この大自然の懐に包みこまれた感覚が心地よい♪
  適度な水分補給をしながら、岩場に足を取られないよう進み、ルアーを変えながら生息ポイントへ投げ込む。
  間もなく~前方の良ちゃんが、釣り上げたぞぉ~ぃアクションを放出している…近付き見ると~アマゴだ♪

  DSCN0896-0_convert_20150314112250.jpg

  対岸付近の波立つ位置…そこを狙ってみよ…と言われ~幾度かトライするも、当たりはない…。
  背中のバッグからおにぎりを取り出し~腹の減り始めた胃袋を満たし、戻って~場所を変えることとなった。
  と、その中腹あたり~完璧な手ごたえ♪…と、間もなく~翻る銀色の身体を魅せ、サクッと逃げられた…。

  開幕直前の本渓流では、放流魚と~野生化したアマゴとが、本流~支流に生息する。
  鱒系魚であるアマゴの内~弱い者は、降海し戻って来る…一方、強い者は本流の縄張りに生息し~秋には
  シラメとなって銀毛化するそうだ…先程の輩も~光沢のある銀色のボディ…野生魚なのでありましょうか?

  場所を変え~さらに遡行する…もはや~昼食はどうでもいい…日没による闇に包まれるまで突き進もう♪
  その後~さらに一匹を釣り上げた良ちゃん…わたしゃ~未だに完全なヒットがない…。
  大橋の袂…絶壁的な梯子をつたって降り~ジャンプして丘の様な岩盤の付きでた位置からキャストする。

  img697-0_convert_20150314112631.jpg

  時刻は夕暮れ時…良ちゃん~開幕三匹目をゲットした♪…これは大きい…ん~坊主での帰還だけは御免だぞぉ。
  そんな願いが通じたのか…夕マズメの時~完璧な手ごたえを感じ、一気に巻きこむが…相手も凄い力で暴れる。
  背中のランディングネットを取り外し~収め、捕獲完了ぉ~♪ついに釣り上げましたぁ~(^O^)/
 
 img698-0_convert_20150314112904.jpg

  およそ23cmのアマゴ…銀色のボディにオレンジの斑点…気絶させ~腸を抜き取り~持ち帰って美味しく頂くか?
  などと一瞬思ったものの~肝心のナイフを置いてきてしまった…と、それより~元気な一匹…リリースですね…。
  まぁ~ず、まず…至福の瞬間♪…と、一気に腹が減ってきた…何気に後ろ髪をひかれつつ~ポイントを去る。

  迢ゥ驥主キ晄ク捺オ・015蟷エ3譛・譌・-30_convert_20150314113201

  夕闇間もなく~フライ・フィッシングの方々も戻ってきた…釣果を聞かれ~大きさを誇示しちゃう♪
  勝手に停めた駐車スペース…住居者の老人が出て来たので、叱られるかぁ…と思いきや人情味溢れる御方…。
  寒風吹きすさぶ土手で湯を沸かし~カップラーメンをすすり込む…こいつが美味い♪

  まずは一勝…帰路は車中で腹ごしらえをすると~心も身体も満たされ、安息の睡魔がオーロラの様に降り注ぐ。
  この二週間程、通勤中~湯川豊の【イワナの夏】を読んでいた…まるで疑似体験をしているかの様に感じていた
  その感覚が~現実とリンクした時…渓流釣りの醍醐味そのものが味わえた…そんな素敵な開幕戦でした♪


  

  
  
  

  
  

  
  

テーマ : フィッシング    ジャンル : 趣味・実用

Category: DOWN TO THE RIVER   Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

鱒善釣市の 渓を求めて

OI000143-xx6_convert_20141221084153.jpg


 今年の【】へのアタックは、開幕前半の僅かな遡行にとどまりました…私の環境が芳しくなかったのです。
 一方で、相棒の良ちゃんは精力的に~新天地を開拓し、まるで蛇?…の様な山魚女、岩魚を釣り上げ続けた。
 その新天地…私は未開拓な渓でもあり~見せてもらった映像からは、広大な川幅…生命力を感じました♪

 又、湯川豊著【イワナの夏】…ヘミングウェイ著【釣文学全集上巻】を借り受け~完読に漕ぎ着けとりません…。
 【リバーランズスルーイット】…若き日のブラッドピットが、釣り三昧の日々を送る映画ですが、大自然の映像美は
 フライフィッシュのキャスティングと相まってストーリー以上に印象深く~その世界感に憧れてしまいます♪

 そんな来季~【渓への出陣計画】を目論みつつ、良ちゃんと囁かな忘年会を潜り抜けてきた。
 苦境の時…何度となく手を差し伸べてくれて~どん詰まりの状況から生き抜きをさせてくれたのだ…。
 何せ~音楽業界の根底を支えている数少ないマルチな才能の持ち主ゆえ、その豊富な知識はいつも興味深い。

 渓へのアタックでは~最新機器を導入し、過酷な条件下でも映像撮影に余念の無い姿勢を貫いてきた。
 今回、彼の初作品となる【鱒善釣市の 渓を求めて】…主演の私のおよそズッコケ具合は別にして~魚達の活きの
 良さ…水中カメラで観れる素早い動きの躍動感が、実に美しく記録されています…ご覧下され♪

 2014年…今年、我々の星周りは酷い厄に見舞われた…でもまぁ~そこを嘆いた処で日常が変わる訳ではない。
 結局~笑って済ませられる様に、回避しながら~少しでも条件の整った環境キープを選択してきたのだ。
 渓谷での響きに包括されていると~浄化槽に身を委ねている感覚を得る…。

 来季は渓の懐でベースキャンプをはり、夜の静寂に乾杯できる様~準備なんぞを開始しております♪


 
 
 
  

テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

聖

Author:聖
自作楽曲の配信サイトです。
詩を書き~曲を付け~唄う…
そこには、多くの試練と喜びが
待ちうけております…。
喜怒哀楽が伝われば幸いに思います♪

Favorite Songs
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
o'c Rock

powered by blogwatches
MMOタロット占い
BIOGRAPHY