WILD HEART & BROKEN SPIRITS

シンガーソングライターの挑戦状…

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 仏と踊れ♪   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

御室派総本山の仁和寺特別展♪

home_p09-0_convert_20180310203850.jpg

真言密教には、真言宗派が主要18の総本山…現在では50余りもあるとされる…なぜ、宗派は枝分かれし~分解されるか…
難解な協議や解釈…密教と云えど~高僧ともなれば、真理を求める果てでの相違や利権にからんだ何かがあるのだろう…
本来の密教の教えは一本でしかない…入信者が肥大化すれば~おのずと分離独立するのが世の常…となろうか…

さて、そんな真言密教の宗派の中で~仁和寺(にんなじ)の大規模改装が行われており、今年の年末に完成予定。
仁和寺は真言密教~御室派(おむろは)の総本山とされ、国宝級レベルの絵画・書籍・彫刻が有されており、秘仏を含め
重要文化財たる明宝を一挙に鑑賞できるとのことから~国立博物館へと…行って参りました♪

冒頭より~空海の直筆となる三十帖冊子…見事な保存力…果たして本物なのだろうか…と思われる程の保存状態…
それにしても~やはり達筆だ…漢字や梵字を小さな冊子の中に~精巧に書き記されている…ん~コピーが欲しい…
平安時代の傑作~薬師如来坐像…全長15cm程度の小ささに対し~その繊細な彫刻製法は正に空前絶後の逸品だ。

nin115-7yakushi_convert_20180311142317.jpg

応仁の乱にて仁和寺が全焼してしまうまで~孔雀明王法が多く取り入れられ、その記録的な曼荼羅や絵画、経典が多い
圧巻は、現在~改修工事中の観音堂の再現…千手千眼観音を中心とした33体もの仏像…この場所は~唯一、撮影可能♪
千手観音の脇侍として~左に不動明王、右に降三世明王、二十八部衆に風神、雷神と~極彩色のカラーリングが美しい。

IMG_2086_convert_20180311142500.jpg

IMG_2083_convert_20180311142630.jpg

IMG_2089_convert_20180311142753.jpg

IMG_2094_convert_20180311143344.jpg


本来~修行道場である仁和寺の観音堂は一般参拝することができない…千手千眼十一面観自在菩薩立像を中心とした
修法を行う神聖な場であり、仏像の劣化保護の観点で~秘仏扱いなのだろう…それにしても~圧倒的で美しい…
三十三と云うのは~観世音菩薩の変化の数で、国宝~三十三間堂においても、千躰の観世音菩薩と二十八部衆がいる。

IMG_2082_convert_20180311143150.jpg

この観音堂の再現エリア以降~各地から集結させた仏像が鑑賞できます。
その中でも~圧巻な二仏…福井県中山寺の馬頭観音菩薩坐像…33年に1度しか~開帳することのない秘仏…
一見~愛染明王にも見える容姿ですが、頭頂に馬が乗っております…菩薩でありながら~忿怒の形相仏は珍しいのです。

hjUIdSQ0I31mxqtTpg27iiGEFLHxARb495MpI8QPejNKesmH6Fiwj2dgL23vDKoB_convert_20180311142923.jpg

馬頭観音は、密教の変化観音のひとつで~諸々の悪を破壊・消滅させる馬頭明王とも呼ばれることがあります。
最近では、民間信仰と結びつき~馬を守る仏と位置付けられ、農耕・交通・運搬などでの安全を祈願する仏となりました。
無知・煩悩を断ち切り~諸悪を破壊する…梵字ではカーンなので~不動明王と同一の文字で表すのです。

今回のハイライトは、大阪・葛井寺の国宝…千手千眼観自在菩薩坐像でありましょうか…
合計1,041本の手は~ブロックに分かれ、見事な形で張り付けられ背面部でしっかり崩れない様に、組込み式となっている。
360°全集を鑑賞することが出来~日本最古とは思えない程の保存状態であることは、実に貴重であると云えますね。

20180101110057_convert_20180311143021.jpg

そもそも観音は慈悲の働き…千手観音の千本の手は慈悲を現し~千の眼は衆生(人々)を教え導く知…として表される。
十一面観音とも胴体とされ、千手千眼十一面観自在菩薩とも呼ばれる…音のない空間で~この千手観音と対峙し静かに
千手千眼観自在菩薩広大円満無礙大悲心陀羅尼経…などを読み記してみたいものであります。

興味ない方々には退屈だった?
時に~仏像と対峙し、己の心へ何かを映してみる…仏は~人々の心に不快なものを映しません…
素晴らしい特別展でした…関連グッズのクオリティも~徐々に良くなって来ているぞ…と、感じつつ~楽しんで参りました♪





スポンサーサイト

テーマ : 仏像    ジャンル : 学問・文化・芸術

Category: 仏と踊れ♪   Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

潜在意識下の摩尼珠を浄化せよ

IMG_2132-0_convert_20180310161628.jpg

天候が回復した朝…熱田神宮へ初見参♪
草薙の剣を配した天照の、和の魂と荒魂へ参拝…我々の潜在意識下の~摩尼球の浄化を行いつつ、ダメージの大きい胃袋へ
功徳のありそうな【きしめん】で体調を復活させる為~やって参りました…二日酔い対策ではございません…。

伊勢神宮と双璧をなす神聖な神社でありながら、その全貌は~お伊勢さんに比べ、敷居が高くなく~一面フラットな敷地は
お年寄りにも優しく、心の静寂を取り戻しながら散策するには~打って付けの神社と言えようか。
弘法大師空海が植樹したと云われるご神木たる楠木を中心に、様々な年輪を積み重ねた木々達のパワーは圧巻…。

IMG_2138_convert_20180310174323.jpg

大きな鳥居は東西南北の四方から参道へと通じており、本宮への参道の手前…空海の大楠が出迎えてくれる…
その圧倒的な巨木…手を合わせ~回復した天候と、導いてくれたことへ感謝を…
本宮へ辿り着き、その神聖な建屋を目前に~時折、吹き抜ける春の強い風に~時が浄化される様を感じてみる…。

自己を取り巻く人々の幸福を祈念し、SEVEN CROWNと共に~【こころの小径】を散策する…今朝方~ホテルのPCで検索し
一周せねばと思っていた場所…この裏手に~熱田大神(天照)の荒魂を祭る祠が配されており、その小径を彩る木々に
パワーを授かりながら、本宮の裏手一周…心が浄化されるかの清々しい気持ちで~散策させてもらったのだ…♪

IMG_2129_convert_20180310174911.jpg

神々の功徳力は、人間の心の在り方と呼応するもの…感じたり、心に描く気持ちと共に~特別な小径を歩かせてもらう。
小径を進むと、流れる小川に小さな突起石があり、そこへ3度~柄杓ですくった水を掛け、当てることが出来ると願いを
ひとつ…叶えてくれると云う( 実際は~後で調べて分かったことなのですが…)私は~2回ヒット…なかなか難しい。

おまけに~こころの小径…撮影NGだった様なのですが、認識がなく…注意事項もスルーしており、パチクリと写メに…
SEVEN CROWNへ『これらのご神木写メを~待ち受けにしている人も結構いるのだよ…』などと~説明する始末…
功徳力も摩尼球の浄化も~スルーされ、一周回ってご利益ご破算…なんて感じでござんしょうか…いゃ~そうはなるまい…

IMG_2127_convert_20180310175058.jpg

人間は反省と精進の生き物…特に、心に感じ取ることのできた感覚は細胞レベルで浄化されたと感じるのだ…。
もしかすると~ただ単に二日酔いが覚めて来た…と、いう事かもしれないが~しっかりと浄化された…事にするのです。
さて、時刻はやや早いものの~我々は神宮内の【きしめん】を頂く…♪

IMG_2142_convert_20180310174535.jpg

この神宮内には一羽の鶏がいる…とても人懐こく~きしめん食堂にも、その姿を現し~テーブルサービスにやって来る。
かつて~何羽もいたそうだが最後の一羽となってしまい、そもそも神聖な場所で飼育できないものの殺生もできず…
くたびれた胃袋に優しい~きしめん…その美味しさに感謝…そして我々の36時間に及ぶ~音楽の旅2018も終了する。

IMG_2141_convert_20180310174646.jpg

セントレア空港への交通手段が故障により遮断されている…札幌へと帰還するSEVEN CROWNと~駅で解散…
私は帰還後~せっせと仕事を開始…しかし~慌ただしい日常の中にも、このスポットの様な異空間を過ごせる幸せ…
極めて過酷な帰還ロードを通過したSEVEN CROWNも~無事に自宅へと舞い戻った様だ…

日常に憂いは付き物…上手に付き合って~打破し、軌道を修復…喜びに満ちた人生に転換される日は必ず来るものです。
そして【この先へ…もっと】…一歩づつ前進する人生であります様に…。
音楽の旅2018.VOLⅠ…素晴らしい一夜と千一夜の熱い友情に感謝します。






テーマ : 神社    ジャンル : 学問・文化・芸術

Category: 仏と踊れ♪   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

運慶の真髄に触れる

ZZZcd-bl_thumb_(2)-0_convert_20171010184233.jpg

2011年…と云えば~東日本大震災の年…この年は私にとっても分岐点を迎えるカウントダウンの年でありました…。
そんな2011年…1月に金沢文庫で~運慶展…夏に、空海と密教美術展…10月に愛染明王展…11月に鎌倉密教展…と様々な
密教を彩る仏達の造形美に酔いしれながら~凛とした玉眼の眼差しや、荒々しさの中心の魂に、触れた年でもあったのです。

私にとっての密教は、自己の心の中にある様々な感情との対比を通じて~人間の奥行を学ぶ為の指南書…でもあります。
祈りの対象物となる様々な仏像…その造形の下敷きとなる絵としての~参考書が充分に存在していたかは不明です…。
歴代~多くの仏師の中で、ずば抜けたリアリティを持って圧倒的な造形美を彫刻してきた仏師…運慶…その作品の集合体…

IMG_1831_convert_20171014153306.jpg

そんな【運慶展】が9月末から開催され…前評判通りの~圧倒的な集客ギャラリーの群れの中~私も私のスタンスで鑑賞…
のっけから運慶のデビュー作にして~最高傑作の【大日如来】…今回は360°~全周を見ることが出来、手の届く位置に…
初期~胎蔵界曼荼羅の大日如来がモチーフとなっている様な、優しさに満ちた顔つきは他に類を見ない~完璧なマスクだ。

CrAZGAoUsAApcWr_convert_20171014180155.jpg

IZUM~Tanacocoroシリーズで、運慶作の大日如来があり…これも~生産終了を迎える前に、入手しておかねばならない。
現在~仏壇の中心位置に座している大日如来も、同形状だが~これは樹脂のフィギュア…それを置き換えるのだ…。
そして~向かって左に運慶作【不動明王】、右に高野山霊宝館の【弘法大師空海】…そのポストカードを張り付けている。

1_28165526861444_jpg_convert_20171014153427.jpg

思えば~父が他界した頃…仏壇の中心位置には大日如来の掛け軸が配されていたが、内装は~随分リフォームされた…
はねのけて来た仏教の世界へと踏み込み、視覚に捉えることの出来ない世界観と~そのスピリチュアルパワーに魅了され…
即身成仏とは~大それたモノ言いだが、生きている時こそ~喜びに満ちた日々が過ごせる為の術を実践していたいものだ。

仏像の中でも~如来や菩薩像は静寂であり、明王や十二神像、四天王は憤怒の形相を持って~衆生を救済するとされる。
運慶の作品では、毘沙門天、四天王、十二神像と…激動の鎌倉時代を背景に~戦を勝ち抜くための造形が求められた…
それにしても~圧倒的な描写を持って造形された四天王の迫力は凄まじいもの感じる…唯一無二の作品ばかりだ…。

IMG_0095-0_convert_20171014153628.jpg

今年の春…奈良国立博物館にて開催されていた【2017 快慶 特別展】…これもチャンスがあればと思いつつ~(泣)…
快慶の作品では~弥勒菩薩座像、獅子にまたがる文殊師利菩薩…この圧倒的な存在感は~類を見ない傑作だ。
同じ【慶派】の作風を知らしめた快慶と運慶…運慶は~快慶の兄弟子に当たり、二人のコラボ作品も~現存しているのだ。

フィギュア大国たる日本…そのルーツは~この時代に遡り…特撮技術を用いた造形手法の基礎を紡いで来たのだろう…
運慶の作品の内部…仏像の中心部へは~五輪塔などを埋込み、依頼主と作者を記載した証が埋め込まれている。
3Dの立体で傑作を創り得るに至るまで~依頼者の要望や下敷きとなるイメージまで、具現化させる仏師魂の真髄を感じる。

ZZZ-mig_(3)_convert_20171014155351.jpg

曼荼羅…とは【真髄を所有するもの】…と訳される。
2Dである絵画から~立体的なイメージを描き、細部にわたるまで巧妙な技法で、彫刻造形の最高峰へと到達させた…。
具現化された真髄たる仏像へ御霊を吹き込み~長きに渡り衆生救済への願いを見つめて来た仏像との接触は…感慨深い。

11月中頃になれば…少しは~ギャラリーも減るかな?…その頃~再び…じっくりと~鑑賞に赴きたいと思っとります♪









テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。    ジャンル : 学問・文化・芸術

Category: 仏と踊れ♪   Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

不動明王を配置…♪


31673921163_0f47644e74_h_convert_20170611175218.jpg

イスム…Tanacocoro(掌)シリーズから~絶品の不動明王がリリースされ…しばし~その造形美に酔いしれながらも…入手♪
イスムの仏達は~基本、インテリアとして飾る…が主体の様ですが~勿論、それも~あり…だと私は思います。
4年前…あまりの造形美に感動し~夢に出現した…雲中供養菩薩…南20号、北25号~この菩薩は、リビングの上空に…。

酉年の今年は~不動明王、総開帳の年…そんな記念すべき年~我が神棚へ、是非とも配置させて頂きたい♪
そんな思いで~週末に時間を取って…仏像へ御霊入れ~気合を入れて、開眼供養を行った…。
仏眼仏母尊の真言を通じ~聖無動尊大威怒王秘密陀羅尼経~仏説聖不動経~稽首聖無動尊秘密陀羅尼経…

20161227151417_convert_20170618102819.jpg

南無三十六童子~不動尊剣の文…大いなる真言を唱え~自己の心想に住する不動明王の御霊を、仏像に送り込む…。
毎年~初詣で更新を行う『不動明王の護符』の前に仏像を配置…そして~改めて仏説聖不動経をもって締めくくる…。
衆生の心想の内を存在場所として~その姿を出現させる不動尊…大日如来の化身にして~強大なパワーを有するのだ。

御霊入れ…云わば~魂と魂の交換の術…と云ったところに集約されようか…。
しかし…見事な造形…この不動明王は絵画で記される処の造形化でもあり、その忠実性と威風堂々の御姿は完璧と言える。
後背の炎は~迦楼羅…いわゆるガルーダが吹く炎~その姿、造形をもイメージとして造形化に織り込まれている。

20121004095923_(2)_convert_20170618103009.jpg

聖無動尊大威怒王秘密陀羅尼経では、文殊菩薩と普賢菩薩が、一押しの明王がいる…と説き、その正体を不動明王であると
明確な解説を交えて唱える…この経典には三つの真言となる陀羅尼が記されており~この真言を体得し、その手法を体得
せよと…書かれている…密教奥儀の中で~オープンであり、手法は簡単であり…心の在り方を問う~シンプルな内容だ。

魔を調伏させる(わるい御霊を降伏させ~供養させること)…まぁ、エクソシストみたいなもの…それを、俄仕込みであっても
可能にさせる、最大限の仏が~不動明王です…至る所に存在する〇〇不動尊と称される寺は、ご本尊が不動明王なのです。
酉年である今年…不動明王~総御開帳の年に当たる記念すべき時に、我が家へ迎え入れる事の出来た事も喜ばしい♪

IMG_0419_convert_20170617184800.jpg

我が家の神棚は~一般的な神社仏閣的なものではない…。
三宝大荒神を本尊とし、文殊菩薩、不動明王、ガルーダ、地蔵菩薩を配し~その全体を大日如来のパワーで包括させる。
偶然の一致…かもしれないが~仏説大荒神施與福徳圓満陀羅尼経には、大日、文殊、不動~同格仏との教義が記されている。

ちなみに関東県内には…三十六不動霊場なる寺院があります…三十六童子の数だけ~分散化させたのでしょう。
三十六童子は、高尾山の薬王院を訪れると~参道で迎えてくれる不動明王の分身であり、強力な童子達です。
神奈川県では~京浜急行路線に沿って、三浦半島での御朱印巡りなる不動尊の寺院巡りが~行われている様ですね。

三千大千世界におわす~様々な八百万の神々…私は、その存在を信じ~仏たちのパワーを授かりながら~それを生かす者。
恐怖…と云う根源的な魔物を自己の魂から退かせ~調伏させる…それは~個の精神の力強さの成せる術でもある…。
しかし、単に~退ける…のではなく、調伏…と云う~魂の輪廻へ導く作業…その基本姿勢が、密教には必要だと思うのです。

その姿勢たる心が~愛…なのです。









テーマ : 仏教・佛教    ジャンル : 学問・文化・芸術

Category: 仏と踊れ♪   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

伏見稲荷~参上♪

IMG_1280-0_(2)_convert_20170108123408.jpg

京都は伏見に参上…
伏見と云えば、龍馬~寺田屋襲撃の地と連想する…伏見奉行所の役人軍にピストルで応戦するも~負傷した龍馬…
薩摩藩に助けられ~薩摩藩伏見屋敷にかくまってもらう…寺田屋は~龍馬の妻となる、おりょうとの約束の地でもある。

幕末の宿坊で~ピストルぶっ放す…♪
威嚇のつもりの龍馬の一撃に興奮した…【竜馬がゆく】…を読んで興奮したシーンのひとつであります。
そんな京都…【伏見稲荷】にやって来た…初詣となるが、ミッチーと強かに~強固なる復旧を祈願しに…立ち寄ったのです。

128179978166816106224_convert_20170114182924.jpg

お稲荷様…かつて~小学校高学年時代…【こっくりさん】で~悪戯な遊びにより、罰が当たった思い出がある…。
妖狐は~そのアゴと尻尾に強力な霊力を持つ、低級霊と呼ばれる存在も~庶民に近い、神格化された存在でもある…。
次元層の違う【あの世】と【この世】を繋ぐ…敷居が低くも神聖な~お稲荷さんは、全国3万あると言われる~その総本宮…。

岐阜発~大阪の心臓部を折り返し~京都~伊勢~名古屋へと駆け抜ける行程を消化し…然るべき職務を消化…。
その行程の中間地点…新年恒例の挨拶廻りとなっているミッチーのルーティーンに同行~伏見稲荷へ初参上となった。
…不思議な形状の鍵と巻物を咥える狐…その勇ましくも~シャープな容姿の脇侍をくぐり、本堂の参拝から~千本鳥居…♪

IMG_1282-0_(2)_convert_20170114183314.jpg

昔…小僧時代、エコエコアザラク辺り?のホラー漫画で見た思いのある~千本鳥居…そんな程度も~如何なものか?
それでも~ひたすらミッチーと進む果てしない鳥居のトンネル…多くの外国人観光客たる参拝者と同行散策路だが
人いきれで~ざわつくノイズとは別に、小高い山に連立する神々のロードには、一定の霊力に包括された神聖な趣がある。

畏れ…さえ感じさせる随所の祭壇…外国人には~どの様に映るのだろうか…暗と自然光と~蝋燭の炎がもたらす光と影…
低俗と崇高を持ち合わせた~人間の暗と光明を、品定めするかのような狐達の祭壇は~判決を乞う列を歩く魂の裁判所…
その様な気さえ感じさせる千本鳥居のトンネル…例えば~家族連れ…お弁当を持参し訪れる家族もある…とても良いね♪

IMG_1284-0_(2)_convert_20170114183637.jpg

さりとて基本~商売繁盛の神様…稲荷大明神の祀られた総本山…復旧を祈願し~確固たるフォローを祈願したのです。
小さなペンダント型の御守…狐殿が咥えていた形状の【達成の鍵守り】なる逸品を見付けて入手した♪
昼食を挟み約2時間…私のわがままで~チト先の先へ登頂して行き、神秘の全貌~少し先端まで経験させて頂いたのです。

さて…エンドロール~家族と参拝する初詣…例年により川崎大師~今年は厄年が一人…ゆえに厄除札を依頼した。
本堂は~護摩炊き場のアリーナ最前列…やや絶好の角度に配置~観音経、各真言、般若心経と読経追読し~終了…。
今年は酉年=不動明王(守本尊)…それゆえ~停滞…動かず~浮き沈まぬ心を持って臨む年と…申されとりました…。

pos500_convert_20170114183938.jpg

不動明王の左手の綱…こいつで~欲望を縛り…右手の大地の剣で~その欲望をぶった切る…その姿は~忿怒の相…。
今年は【不動明王~総開帳の年】…各、不動尊に参拝に行かれて下さい…不動明王のご利益は~半端ではありません。
成田山~新勝寺…最大級の不動明王も然り…36童子を参拝するも然り…その功徳を~役立たせて頂きたいと願います♪

幸あれぃ…♪






テーマ : 神社仏閣    ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

聖

Author:聖
自作楽曲の配信サイトです。
詩を書き~曲を付け~唄う…
そこには、多くの試練と喜びが
待ちうけております…。
喜怒哀楽が伝われば幸いに思います♪

Favorite Songs
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
o'c Rock

powered by blogwatches
MMOタロット占い
BIOGRAPHY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。