WILD HEART & BROKEN SPIRITS

シンガーソングライターの挑戦状…

Category: JOKER'S GREETING   Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

心を届ける心

0715.jpg
 

 年の瀬の冷たい風が吹く夕暮れ時…。

 昨夜は、故郷…御徒町で【ツルカド軍団】による忘年会が行われた。
 フルメンバーでの開催とはならないも~青春を叫び続けた時代の友人達は、いつもの様に~ナチュラルで暖かい。
 誰にとっても、帰るべき帰港地があると云うことは~正にかけがえの無いこと…楽しみを締める…にふさわしい夜だ。

 正ちゃんは、今年の私の苦境の時…その節目、節目に連絡をくれて、その都度~転換たる時を告げてきた。
 行く末を心配してくれた健ちゃんには、野に放たれた12月の上旬にライフル倉庫へ挨拶で訪問した。
 人生のリセット以降~歯を食いしばりながら地道な生き方を継続しているウッちゃんの選択肢は間違っていない。

 破滅的な時を超越し、再び自分らしい笑顔に満ち溢れたギワラの親バカっぷりは微笑ましいものだ。
 仕事で不参加だったヤナ坊とは皆と電話で会話したが~相変わらずの脳天気ぶりには安堵を感じた。
 そして遥か北の地で、奮闘中であろうSEVEN CROWNの分まで乾杯をする…。

 全てが順調だったら~現在の地点には、誰一人いないはずだったそれぞれの人生には、重厚な物語がある。
 各自が直面してきた厳しい人生の試練の時…このメンバーが全力でお互いを救済へと導いて来たのだ…。
 多くの思い出は、擦り切れたデニムの様に色褪せながらも~それぞれの人生の貴重な基盤となっている。

 年の瀬を、このメンバーで締めることの出来る幸せを噛み締めながら~やっぱ最後はシャウトで2014年に止めを刺す!

 そんな2014年が暮れ行こうとしています…。

 人生最大の苦境の年…。
 孤独との一本勝負は、耐え忍び、訪れる瞬間をひたすら待ち続ける~忍耐力との闘いでもあった気がします…。
 墜落の時から~およそ二年…それでも時は動き始めたばかり…気負って浮上できる程、軟な世の中ではないね…。

 人生には一定周期で~試練たる時が訪れるもの…と思います。
 自転する地球も、月や太陽の恩恵を一定周期で注がれる…試練もきっと~そのサイクルに等しいものなのでしょう。
 辛く厳しい時でも、責任を生きねばならない…人は誰かの為に生きている者…だからこそ人生には価値があるのです。

 タフな時代には何が必要であろうか…。
 いや、タフであろうとなかろうと~いつの時代も【心を持って心へ届ける…】が、きっと要されるのであろう。
 エゴイスト達は、自己満足の塊の様なものだが、嘆き哀しいことに~そんな輩達が、この社会の上空に君臨している。

 それでも、自己を保ち続ける意志を頑丈に強化させ~より良い条件を、少しづつ揃えていくこと…。
 エゴイスト達を退けて~成り立たないなら、どの様に折り合いを付けてやるか?…を少しづつ~生きねばならない。
 復活を遂げた今…良い仲間達と共に~昇り始める時の放射する閃光を見つめている…。

 人生や未来に期待するのではなく、積み重ねることの大切さを教えてもらった年…。
 幸せな朝を迎えるためには~焦ることなく、現状にじっくり取り組むことですね…。
 皆様~良い年をお迎え下さい…
     来年が皆様にとって、羊たちの沈黙ならぬ~羊のように暖かく優しい年であります様…祈念申し上げます♪


 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

テーマ : 大晦日    ジャンル : ブログ

Category: 仏と踊れ♪   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

鋸山登頂記の巻

CIMG2408-0_convert_20141229073720.jpg

 年末の納会まで~ワイルドピッチに日本酒の洗礼を受けながら、脳天に2泊3日のアルコールを宿したまま~千葉へ・・・。
 2014年・・・苦境たる修行の年を締めくくる最終章~【鋸山登頂】へ挑む為に~参上した♪
 相棒の良ちゃんのAXELAに凍える身体を滑り込ませて~目的地へすっ飛ばしてもらう。

 標高330mしかない山…と、たかをくくっておりましたが、それは地上0mから頂上との距離を指し示すだけのものであり
 横長に~頂上へ向けて続く山道は森林を伐採すれば、長細いノコギリの刃の上を登り行く~厳しい登山でありました。
 良ちゃんの【GO PRO】の撮影を受けながら~山頂まで、最もキツいコースを軽快に進みゆく~が、足場はわるい…。

 CIMG2384-0_convert_20141230102644.jpg

 落ち葉と枝…陽のあたらない場所は泥の道…気を抜くと~両サイドの絶壁へ落下する危険な山道をひたすら進む。
 しばらく進むと気付くのだが、ここは岩盤の山~石切り山の異名の様に、江戸時代から採石が行われていた場所。
 そんな岩石山の険しいコース最大の難所は、ロープをつたって絶壁を超えるのだがぁ~オジさんには実に厳しぃ(+o+)

 間もなく頂上…東京湾とは逆側の一望~清々しい一発目の休息♪
 そして程なく~石切り場に辿り着く…ここが凄い…【人工的な神殿】の様だが垂直に切り取った、石の壁は圧倒の貫録。
 そのパンテオンに潜入する…隆起した岩を登り~覗きこむと、断崖絶壁の深堀された凹…落ちたらイチコロですぜ…。

 CIMG2391-0_convert_20141230101450.jpg

 もはや自然保護の観点から~採石は禁止された様だが、その跡地には採石用に使われていた機械が残されている。
 さて、さらに歩を進める…この石切り場付近からは登山者とすれ違う…それでも~容赦なきアップダウンは続く…。
 いわゆる三つの山が繋がっている感じの山ゆえ~下山と登頂を繰り返しているかの様だ…オジさん、もはやギブ…。

 CIMG2398-0_convert_20141230101752.jpg

 急勾配とアップダウン…歩きながら~この一年間を振り返る…。
 多くの登場人物達…社会には~驚くべき下種な輩が多く存在し、人々の心を容易く粉砕する幼稚な色彩に満ちている。
 それでも退けず~噛み砕いて、次へ進む…その進み続け~自らジャンプして飛び込んだ場所に立っている私…。

 いわゆるリフォーム業の仕組みと暗部を知り~甘い誘惑の現実論は、切り捨て御免のお役所トークだったと知り…
 幼稚でエゴイストの経営者の膝元は、絶対零度のパワハラに満ちた~崩壊一直線の伏魔殿だと知り…
 名誉を得るには利益を湯水のごとく使いまくり~社会から認知されても中身はズサンなブラック企業の真髄を知った。

 しかし、この繋がりの中で実質的に取り組んできた経験は~今の場所で大きな基礎たる力になってくれている。
 つまり、全てが栄養分であり肥しであったのだと感じつつ、自分自信を取り戻す為の切っ掛けとなってくれた。
 それを修行期間だったとするなら~この鋸山の最終章の仕上げはふさわしい…そして仏の神殿へとやって来た…。

 CIMG2401-0_convert_20141230102001.jpg

 百尺観音…全長30.3mの岩盤を削って成形された観世音菩薩へ感謝を…
 【日本寺】と名付けられた山道もまた~急勾配の階段に満ちていて、正に修行僧達の山であったことを感じさせる。
 階段の所々には羅漢像…弘法大師空海の姿も…【南無大師遍照金剛】と唱える…光背に水色のオーブが見えるね♪

 CIMG2405-0_convert_20141230102134.jpg

 そして、ようやく最後の目的地…全長31mの【薬師如来坐像】(日本最大の仏像)の元へ辿り着いた。
 ここにはお願い地蔵尊があり、多くの願掛け地蔵(親指程度)が地蔵菩薩の周辺に積み重ねられている。
 そして、薬師如来へ無事到着の感謝を込めて~【般若心経】を唱える。

 CIMG2406-0_convert_20141230102335.jpg

 さて、最終下山…ロープウェイの脇道…獣道の様な下山道を降りて行く…もはや下半身はヘロヘロ…(T_T)
 枯れ草と枯れ木~苔が足を滑らせ、何度かすっころんだがぁ~無事に下山…4時間30分の修行の終了だ。
 仕上げは良ちゃんお薦めの石釜【PIZZA GONZO】~疲れと空腹を満たす絶品の2品に舌鼓を打ち、体力が回復する。

 車は温泉地~【湯楽の里】へ到着♪…既に張り詰めた下半身を~熱い露天風呂に浸からせ、全身を開放する。
 良ちゃんに救済された2014年…高校1年~15歳の時、後ろの席に座っていた彼とは、35周年記念でもある年だ…。
 浅草で入手したレスポールを持って~彼の家でギターを弾き、初めてバンドを組んだ…。

 人生の節目に登場し、救済しに来てくれる姿は~ガキの頃に憧れたヒーローの様でもある。
 そんな腐れ縁的関係が、淀む事なく~新しい息吹を注ぎ込んでくれることは、人生の喜びそのものでもある。
 ひとつの試練たる年の終演~この恩義に心から感謝・・・そして~強運を発芽させる時は、目前で尻尾を見せている…。


 

 
 
 

テーマ : 登山    ジャンル : 趣味・実用

Category: 徒然なる一撃   Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

MERRY CHRISTMAS BABY♪

3133325430_d5b42b7af6_convert_20141223214222.jpg

 クリスマスイブですね…この夜の街のざわめきは~好きです。
 車で出かければ~渋滞必至…ならば電車で~となっても、即効で帰宅する軍団の思いそのまま~夕刻の強烈ラッシュ。
 恋人同士においては~○○○な、決定的な一夜でもありましょう♪…心~ざわめきますのぉ~(^O^)/

 夕刻17:00…遠方から、意地の帰社をする…。
 帰社18:30…ん~?…フルメンバーで仕事中とは~なんやねん!…早よ帰ればええやぁ~ん!…などと思いつつ…。
 早く帰らなくっちゃ~は実際…それぞれの環境もあろうがぁ~俺は帰るぜぃ!!~あばよ!

 係長…君麻呂の誘惑たる『立ち呑みで一杯どぉ?』…をサクッと断り~あらゆる障害を突破して進む!

 さて、斯様な酷い一年であろうとも~今夜は、ご馳走とシャンパンが~私を待っている…♪
 …って云うか~心の総決算的一瞬を感じたいと思える時…それが~今夜なのだ!…急がねば!
 足早に帰宅…滑り込みセーフ的に弾けるシャンパンに無数の発砲感を体内に感じながら~上質なチキンに喰らい付く。

 んがっ!…そんな事より、娘が喜ぶプレゼントを渡す一瞬の満足感…これが欲しくての即効帰宅だ!…正に至福の時♪
 …振り返りみれば~過酷な一年でした…。
 それでも~何とかギリギリセーフで、今夜が存在する、この瞬間を…良しとせねば罰が当ろうのぉ…(;一_一)

 もはや…酔っ払いの到達する頂点にいる為、上手にパチクリできません…。
 …が、友人や大切な仲間達へは~様々な思いが交錯します…。
 良い夜を~家族と過ごしているだろうか?…充実たる時を、瞬間を、生き切れているだろうか…凹んでいないだろうか。

 全ては挑戦と可能性の~進め方に導かれる個々の思念の活かし方…。
 と、そんな戯言を発するより~恋人同士は愛を貫通させる夜であって欲しい…そして~いい関係を尊重し合いながら…
 互いへの思いやりを保って欲しい…と、様々な陶酔空間で…睡魔に導かれる…私なので~ある様です…何のこっちゃ。

 皆様…Merry Christmas♪
 聖なる夜に~幸あれ♪



 

 

  

テーマ : クリスマス    ジャンル : 日記

Category: 徒然なる一撃   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

疲れと善意の燃えかす…

ea996ce082ce07977373f604e2235868-0_convert_20141220114150.jpg

 人間土石流が溢れかえる~金曜日のゴールデンタイム…。
 隙間を上手にすり抜け~部長と二人…地下室の隠れ居酒屋で熱燗を流し込む…♪
 そして~人間洞察力と深層心理を肉薄する私の18番トークは加速を増して~部長の心の隙間を、少し埋めてやる。

 良い上司ながら、嘱託の身…それでも~棺桶に片足つっこむまで、引っ張り続けてやらなくちゃ…と決めた♪
 人生における喜びは、有効な感性の共存を感じる同士が出逢い~初めて何かが生み出されそうな瞬間にあります。
 …と、そんな師走が暮れゆく週末…千鳥足爺さんの携帯に~クライマー達からの吉報が届けられる…。

 愚っ痴ー澤爺…SOUKE坊…玉兄…そして、悪党面の主人公~ウルフISHIDAら御一行が山頂下山してくると云う…。
 顔面ツギハギだらけのフランケン…キモロン毛の支配下~残忍な女帝からのサディスティックな攻撃を回避し
 強かな足取りで~下山して来て欲しいもの♪…もちろん~次の登頂先を決めての下山は…あっぱれな事です♪

 今日を精一杯生きて~人生の設計図を描きながら、充実した毎日を生きたい…わずかだが、貴重な稼ぎから
 少しの余力で、仲間達と美味い酒を呑み~明日も一緒に頑張ろう…と乾杯する。その価値は囁かながら大きい…。
 バラバラだった心達が、寄り添いながら仲間を助け~ダメージを受けた心を救済する姿が輪郭化する…。

 本質から目をそむけ~単調な毎日が義務だと思いこみ、自分を納得させて生きる姿は、いささか淋しいものだ。
 それゆえ、誰もが~何かの切っ掛けを得ると、心に何かが着火され~諦めることを退けて、歩き始めるのだ。
 この師走の爆弾低気圧と共に~古き良き時代の部下達の奮闘記も、嬉しい報告として届けられた…。

 人生では、一年の慶が元旦にある様に~その年の出来事は、その年の内に清算できれば一番良い…。
 それでも~繰り越す場合、旧正月を軸として捉えたり~4月からの新年度を起点として考えれば良いのである。
 運気やタイミングの訪れは、人によって異なるもの…日々を積み重ねた者だけが、貴重な切符を授かるもんだ。

 しかし、本当に大切なのは~貴重な切符で新たなステージへ入場してから始まる毎日との格闘…で、あろう。
 そこには多くの違った人種や、違った感性の持ち主達が巣食う未知の領域でもあり、入場せねば~解らない。
 喜びいさむ間もなく~職務遂行は、雪崩の様に押し寄せて来る・・・が~やはり焦らず、自己スタンスを忘れぬこと・・・。

 様々な人と接触し~何かを得ようと思ってみても、実際問題…求めていた答に辿り着かない現状と向き合う事になる。
 …が、解りつつあることも…ある。
 それを実行し~形にすること…それが、いま直面している分厚い顔面の支配者達を破砕し~組立直す道標だ。

 心を持って~心で勝利する…。
 それが~きっと自己の、この先十年を延命させ、然るべき人材の成長へ導く切っ掛けを生み出してくれるに違いない。
 君の目線から見える景色はどんなだ?…その目線から現実を観るのではなく~ビュー・ポイントを変えて観る…。

 その位置が定められた処から~あらゆる勝負を告げる開始のゴングが鳴らされるのです♪
 若者達ょ…時間を上手に使え!
 咽に詰まった疲れと善意の燃えかすを吐き出し~椅子を蹴飛ばして~歩きだせ…。


 
 
 
 
 

 
 
 

テーマ : 大事にしたいこと    ジャンル : 心と身体

Category: DOWN TO THE RIVER   Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

鱒善釣市の 渓を求めて

OI000143-xx6_convert_20141221084153.jpg


 今年の【】へのアタックは、開幕前半の僅かな遡行にとどまりました…私の環境が芳しくなかったのです。
 一方で、相棒の良ちゃんは精力的に~新天地を開拓し、まるで蛇?…の様な山魚女、岩魚を釣り上げ続けた。
 その新天地…私は未開拓な渓でもあり~見せてもらった映像からは、広大な川幅…生命力を感じました♪

 又、湯川豊著【イワナの夏】…ヘミングウェイ著【釣文学全集上巻】を借り受け~完読に漕ぎ着けとりません…。
 【リバーランズスルーイット】…若き日のブラッドピットが、釣り三昧の日々を送る映画ですが、大自然の映像美は
 フライフィッシュのキャスティングと相まってストーリー以上に印象深く~その世界感に憧れてしまいます♪

 そんな来季~【渓への出陣計画】を目論みつつ、良ちゃんと囁かな忘年会を潜り抜けてきた。
 苦境の時…何度となく手を差し伸べてくれて~どん詰まりの状況から生き抜きをさせてくれたのだ…。
 何せ~音楽業界の根底を支えている数少ないマルチな才能の持ち主ゆえ、その豊富な知識はいつも興味深い。

 渓へのアタックでは~最新機器を導入し、過酷な条件下でも映像撮影に余念の無い姿勢を貫いてきた。
 今回、彼の初作品となる【鱒善釣市の 渓を求めて】…主演の私のおよそズッコケ具合は別にして~魚達の活きの
 良さ…水中カメラで観れる素早い動きの躍動感が、実に美しく記録されています…ご覧下され♪

 2014年…今年、我々の星周りは酷い厄に見舞われた…でもまぁ~そこを嘆いた処で日常が変わる訳ではない。
 結局~笑って済ませられる様に、回避しながら~少しでも条件の整った環境キープを選択してきたのだ。
 渓谷での響きに包括されていると~浄化槽に身を委ねている感覚を得る…。

 来季は渓の懐でベースキャンプをはり、夜の静寂に乾杯できる様~準備なんぞを開始しております♪


 
 
 
  

テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用

Category: BOSS   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

深海の静寂と休息の時…

bruce-springsteen-born-to-run_convert_20141220201302.jpg

 
 ブログを始めた頃、敬愛する【BRUCE SPRINGSTEEN】を徹底的に分析されているブロガーの方に出逢い~
 その独特の視点で発射される切り口が正に適格で、ずっと応援をして参りました。
 そんな彼のブログが今月一杯で閉店されてしまいます…病を患われたのです…。

 西に住む彼と~東に住む私…ブルースに関しては~彼の方が、一歩も二歩もリードしとりました。
 私と同じ年齢にして~時にアジアへ出張し、小説を読み~こだわって映画も観る…大好きな1曲も~ほぼ同じ…。
 【THE RIVER】の終盤のハイライトたる名曲、【THE PRICE YOU PAY】…私もこの楽曲に救われた一人です。

 そして~彼の病は、私が数年前に深海に墜落した時と同じ病…。
 苦しい思いをされている様でもあり、心配ですが…ゆっくりと休んで欲しい…そんなコメントを差し上げました。
 心と身体に休息を与えてあげる…それは罪でも罰でもない…再び立ち上がるまでの充電期間の様なものです。

 リスペクトする彼との共通点…そんな彼の回復への祈りを込めて~【THE PRICE YOU PAY】が力をくれた時の様に
 再び、この楽曲の持つ、屈することなきメッセージが彼の日常に~光を与えてくれることを祈ります。
 【三浦 久】氏の見事な対訳に、17歳の頃~挫けそうな心を何度も救済された…普遍的で永遠の名曲であります。


 


                      THE PRICE YOU PAY

                  おまえは心に決め 一か八かの勝負に出る
                  ハイウェイが終わり 砂漠が始まるところへおまえは行く
                  そして夜明けまで 遮るもののない道を進む
                  夜は払うべき代償と共に眠ることを学ぶ

                  両手を高く上げ 彼らは広い空に手を伸ばした
                  そして彼らの死に続く道を 一気呵成に築き上げ
                  払うべき代償の執拗な引力を振り切ることができず
                  夜通し彼らは走り続けた

                  払うべき代償 払うべき代償
                  払うべき代償から 逃げることはできない

                  彼らはこんな遠くまで来て 長い間待った
                  ただ 何もうまくはいかない夢に捕まるだけのために
                  そこでは夜の闇が 昼の光を抑え
                  払うべき代償のために立ち上がり戦わなければならない

                  払うべき代償 払うべき代償
                  払うべき代償を 断ち切ることはできない

                  両手に可愛い赤ん坊を抱いた水辺に住む娘よ
                  約束の地の物語を覚えているか
                  彼がいかに砂漠を超え そして選ばれた地に入ることができず
                  川の岸辺にとどまっていたかを
                  払うべき代償に立ち向かうために

                  ゲームが始まるぞ 
                  おまえの小さな強い心臓を動かし 夜も昼も走れ
                  だが、郡の境を超えた所に 見知らぬ者が立てた標識がある
                  そこには払うべき代償に屈した男達の数が書かれている
                  しかし 今日が終わるまでに
                  俺がその標識をへし折り どこかへ捨ててやるよ 
 
 

 

テーマ : 心と身体    ジャンル : 心と身体

Category: JOKER'S GREETING   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

酔って候…

ea996ce082ce07977373f604e2235868_convert_20141214100803.jpg

  衆院選の投票日…。
  地区唯一の候補者に一票を捧げたら~何かが好転する可能性はあるのだろうか?
  声を枯らせての主張~誰も受け取ろうとしないチラシは、きっと大量のゴミとして明日の収集車を満杯にする事だろう。

  確かに、開拓主張~改革案…それらが【FACE TO FACE】的に街頭演説される事は、有権者にとって大切なこと。
  営業職も、似たようなものだ…可能性のピースをかき集めて~わずかな一票を獲得せねばならない。
  党は、ヒーローを作るべきだ…担ぎあげ~未来を託せそうな顔となる存在…個々の売り込みに~未来は…ない。

  さて、週末…今年度初の三連発な陶酔空間を迎えさせて頂きました…久しぶりの体験も~意外と大丈夫ですね♪
  忘年会や吞み会で大事なのは~形だけやった事ではなく~やっぱ中身の充実感です。
  そこにいる誰一人として~しけた思いで帰らせない環境を作り、皆で笑って終われる時間を共有するのです。

  学ぶ…と云うより~新たな発見のある師走の喧騒…時間を上手に使って~年末に向けてやるべき事を進めてます。
  【BRUCE SPRINGSTEEN ALBUM COLLECTION vol.1 1973-1984】を入手しました♪
  【BRYAN ADAMS RECKLESS 30th ANNIVERSARY DELUXE EDITION】も入手しました♪

  血が沸騰しながらも、あるべき姿を求める若き獅子達のスパークする言葉達を聞きました…。
  大切な時間を育ててくれた恩師である方にも~時を超えて再開し~再出発から組立てまでの日々を学びました。
  会社のエンジンであり、人を大事にする~心ある仲間達であった同士達と、進むべき道を模索しました…。

  いずれも~苦境たる時間軸の延長線上に待っていてくれた総決算的現象でもあります。
  孤軍奮闘の時期…時に~引き摺り出してくれた良ちゃん…キャリコンの明美姉さん…そのステップは大きかった。
  誰にも、何もしてやる事のできない環境は、私の個性だけ切り取れば~極めてキツく辛いものでした。

  それでも、定めていた時期に~こうして立っている事の奇跡と、振り込まれるべき期待値に思いをはせながら
  およそ長かった暗黒の時期に決別する時を迎えております。
  再び迎えるであろう時を、何となく感じながら~いざ迎えてみると…もっと、やっておくべき事が山積していたと思う。

  それでも、この立ち位置で安泰たる年末の状況が与えられ~戻るべき場所への道標が示されている事には感謝…。
  昨夜は、たっぷり睡眠をとり~宿題事項に、ちょっと取り組む…車をすっ飛ばして~年末仕事を片付ける。
  心から不安感が消え~休日たる空間を取り戻せたと感じる瞬間は、やはり~ありがたい事でもありますね。

  プライスレスで心を買い続ける…その信条は、現実社会では脅かされるものです。
  それでも~効果なき反吐の出る戦略なんかより、心をぶつけて~真価を問うことの真意を確かめてみたい。
  その果てに~本当の意味での【自己を取り戻す】…姿と至福の時が~待っている気がしています。

  三連発を通した宿酔さえ~心の充実感が勝る環境では、何て事は無い。
  今日は家族で上野の混雑を徘徊して来た…。
  散髪した襟首はいささか寒い時期に急激突入しているが、一歩後退し二歩前進する…このまま酔っていこうかのぉ♪


  


    

   
     

テーマ : 大事にしたいこと    ジャンル : 心と身体

Category: 徒然なる一撃   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

師走の新参者

c0157073_2455715_convert_20141206182959.jpg

  師走の寒風吹きすさぶ頃…
  バッグパックたる心の倉庫を空っぽにして~上空3,000mから勇気を振り絞り、一気に急降下を試みてジャンプ・・・。
  電脳タウンの中心部を反れ~万世橋の片隅に不時着し、身形を整えて~歩行を開始する。

  スピードが生命力だと勘違いしている社会も輩も、実にせっかちだ…落ち付いて行きましょう…と、言いたい。
  が、高速回転な習性と不確かなDNAに支配された指導者は一分一秒の弾丸を、途切れる事なく撃ち込んでくる…。
  着任し~着席し~猛スピードの概略説明を受け~新しい引き出しに、インプット開始間もなく~背中を押される。

  おぃおぃ…そー来るかぃ~と、思いながら、絶対主張は撃ち返し~自分のスピードとスタンス維持をキープする。
  しかし、贅沢なことは言わず~虎視眈々と、着々と準備をしながら~これから始まる試合に備えねばならない。
  不完全な人種による~不完全な島は、不完全な仕組みとやり方を正として進めるものなので~しばし静観する♪

  さて、長く辛い修行期間を通過して~野に放たれた♪
  健の処へ顔を出す…ニューハーフの様なお客様と接客中だったが~私の登場に気付いてくれて、再開した。
  年を越してしまう前の絶妙なタイミングで逢い、散々~心配してくれたことに対する感謝の念は伝わっただろうか…。

  もう一人の健にも逢った…シコリの様な~わだかまりを氷解させ、フラットな状態に辿り着いた事を報告する。
  自己の道しるべを再び更新する様な気持で~必要と思える人と遭遇し、大きく迂回されたループを巡って来た。
  そして、人との接触は~やはり暖かく、そこに様々な思いが交錯していようとも~純粋に感じる思いに包まれる。

  本来、あるべき牙城が崩れ、人々の中に嘆き哀しい想いが沈没し~埋もれた火の粉が燃焼している事も知った。
  時代がスクラップ&ビルドの繰り返しを紡ぐ様に、あらゆる存在は諸行無常の道しるべを辿るものでもあります。
  それでも、人の思いや思想に~改めて触れてみると、信じてやってきた事が~確かなことであったと知るものです。
  

  形あるもの…に捕らわれる事なく、人との繋がりや関係性をないがしろにしない姿勢が最も大切なこと。
  老いても正に現役を貫き通す~古き良き重鎮達の活躍する姿と、その心のキャパの示す生きザマはイカシてる。
  存在証明を明確に示さねばならない状況は、正に背水の陣でもあろう…それゆえ~その姿は心を撃つのです。

  人生は楽しむものです・・・。
  でも~そうさせない社会には、不幸な人種で構成された絶望的なシステムに支配されている現実が待ってるもの・・・。
  されど~諦めない…そんな現実に支配されて~溜息と絶望を更新する毎日なら、根をはる価値さえ失われる…。

  それでも、充実に値する場所を探し出し~根をおろして精進する環境を整えるまでには、苦難が続くのも事実…。
  頑張る…のではなく、いつか証明させてやる一日を生きて積み重ねること…その努力はきっと収穫を与えてくれます。
  ワイルドピッチなゴングが鳴らされた…わずらわしいけど~意外と自分には、マッチングしているかもしれませぬ♪  


  

  
  
  
  

 

テーマ : ひとりごと    ジャンル : 日記

プロフィール

聖

Author:聖
自作楽曲の配信サイトです。
詩を書き~曲を付け~唄う…
そこには、多くの試練と喜びが
待ちうけております…。
喜怒哀楽が伝われば幸いに思います♪

Favorite Songs
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
o'c Rock

powered by blogwatches
MMOタロット占い
BIOGRAPHY