WILD HEART & BROKEN SPIRITS

シンガーソングライターの挑戦状…

Category: 逸品を所有せよ   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

手を焼く春の新入携帯…

NCM_0818_convert_20150329181348.jpg

  節目たる三月の最終週末…昨日は出勤日でしたが~昼休みに行きかう家族は、点在する桜の開花巡りだ…♪
  この時期の週末…洪水の様な凄まじい人々が~冬眠開けの目覚めを楽しむように、春の日差へ傾れ込んで来る…。
  …が、その人いきれは苦手…目的地へ直行し~必要なブツを手に入れたら、即帰還の私を~混雑は拒み続ける…。

  そんな暖かい日差しの恩恵を感じる春の日…(^^♪

  御臨終寸前のスマホ…調子がわるいものの~タフな相棒だった…しかし~本日をもって【さらば相棒】…となる。
  振り返れば~携帯電話を初めて入手した時は~嬉しいものでした♪
  当時は通話機能のみ…今回五代目となりますが~これまで、こだわって【CASIO製】で繋いできた携帯足跡…。

  CASIOは、なかなか~異色の作品を量産して参りましたが、ここん処…元気なく…と、意気を切り替えてしまおうと…

  何気に…【iphone】に切り替えた…が~操作の面倒っちさに…死にかけております…ん~、ついて行けねぇ…。
  進化とは、恐ろしいものです…高速スピードで~利便性だけは超特急化しておりますが、仕組みに疑問…(+o+)
  今回は娘とダブル更新…が、鼻息荒い娘も~なぜか送受信が不通状態…明日~再度、御教示願うべきでは…と。

  メールの送信が出来ない…登録済みのアドレスは~個々にバックアップしたデータを~アプリを通じて戻す…。
  簡単に書かれた取説…ってか~カタログは、機種の違いで~取説になってない…。
  世間様…いとも簡単に~こんな面倒っちぃ作業をこなしているのかと思うと~疑問と嘆きの地底へ落とされます。

  …こんなもん、キチンと説明してくれなきゃ、わかる訳ねぇぞ…って~仕方なく~ご教示訪問だね…あぁ、面倒くさっ。

  CIMG2434_convert_20150329211408.jpg

  ほどなく~諦め、津山の愛奴…【SUKEさん】から送り込まれた地酒【御前酒】なる一升瓶を頂戴しつつ~肴として
  【ホタルイカの沖浸け】を嗜むことにする…ん~美味しいぞぉ~♪
  昨日~『吉池』で購入した【河豚の珍味部位】なる逸品も~御前酒のピッチを加速させてしまうのだ…♪

  しかし~送信の出来ない娘はカミサンと、いきり立つ思いでややこしいIphoneと格闘を続けている…。
  携帯かぁ…売るだけで~コアな説明さえ省きつつ、立ち上がりの障害の付録付き…素人には、チトきついのぉ~。
  余計なことはせず~明日、SHOPを訪ね~きちんと操作障害を明確にさせて、軌道を戻せばよいだけですぞぉ…。

  …が、私も~さっぱり操作が堰き止められている…取説~入手して来てちょ…このままでは~日常の起動停止…
  こんなものに支配されている感の強い現代社会…我々は~強く生きねばならぬのぉ~などと嘆いているうち…
  二人は停止中の障害を突き抜ける問題点に辿り着いたようだ…お疲れチャン…私のIphoneも頼みます…。

  ぶつぶつ…言われながらも~設定…丸投げ中の私…力尽きた能力不足の酔いどれは情けないもの…(T_T)

  されど、久しぶりに感じる春の日差しと風の心地良さ…奮闘の日々が包括され~前進意欲が支えられる思いです♪

  

  
  
 
  

    
スポンサーサイト

テーマ : iPhone    ジャンル : 携帯電話・PHS

Category: 舌鼓   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

脱線する週末♪

4e6c5360_convert_20150321142345.jpg

  北へ出張した…道中の楽しみにとっておいた横山秀夫著【64】を味わいながらの~足早を要される日…。
  晴れ間と、トンネルと~残雪と雪深き山間から流れる清流…そして再び陽光降り注ぐ冷えた空気に包まれた地。
  連結車輛が切り離され、美しいフォルムとカラーリングされたボディを有する列車…やはり抜群の乗り心地だ♪

  澄みわたる清浄な空気を深く吸い込み~予約しておいたレンタカーは新車の軽自動車…なかなか良いぞ♪
  地元の名産で腹ごしらえし~さっさと目的地へ進む…ん~解放感のある大きなフロントガラスからの景色…
  中心地を離れると、閑散とした街並みが続くのだが~日常を離れた場所の走行は、新鮮な感覚…。

  第一次ワークは、本日のメイン…交渉人たる饒舌トークを捲し立てながら1時間1本勝負は~取り合えずクリア。
  第二次ワークは、いささか言い訳がましい任務であり~キーマンの緊急エスケープにより不発感が否めない…。
  第三次ワークは、表敬の~まかない任務ゆえ、ありったけの情報を提供し、要される関係構築へ導く…。

  rimg0055w18_convert_20150322095555.jpg

  しかし~時間の経過は早い…話も脱線すれば~予定時刻を超過し、後半戦にしわ寄せが来る…う~む。
  おまけに~度重なる電話により、バッテリー消耗の早いスマホは~カラータイマーが点滅を開始してしまう。
  夕刻のラッシュをすり抜け~ズバっとレンタカーを返却し、出張報告をサクッと送信する。

  …足早に『お土産』を購入…同時に~出張の帰路に華を添える『ビールと水割り』は~やっぱ、楽しんでしまおう♪
  今宵は、カミサンの兄貴が来宅する日…折角なら~宿泊していけばよいのに、近隣ホテルに予約をいれたらしい…。
  しかし~夕食は家で採ると云っていた…が、きっと~この時刻では、もはや間に合いそうもないなぁ…。

  …で、一人淋しく~プシュッとプルトップを引き抜き…胃袋発~全身へと緩やかなアルコールを浸透させちゃう。
  …そんな時~バッテリー切れスレスレの処で、今宵の誘惑メールを受信…おぉ~良いタイミングですなぁ…♪
  …と、即効帰宅を諦め~到着時刻に落ち合い、八重洲の酔狂達を呑み込む~ネオン街に吸い込まれて行く。

  今宵のステージは…【ふくべ】…赴きある居酒屋さん…。

  格子戸を開けると~古き良き雰囲気…壁一面に陳列された銘酒達が瓶や樽で~出迎えてくれる…♪
  …もはや満席の店内だが、補助席を準備してくれた店員さんの計らいで~場所を作ってもらっちゃう。
  木札に書かれた都道府県の名産たる日本酒の数々…悩んでいても~ご主人がお薦めを選択してくれる。

  150316syokai-0_convert_20150322095253.jpg

  後に調べて分かった事だが、ひのきの一枚板からなるカウンターのテーブルは~昭和の時代からの年期モノ。
  絶品の茹で卵~しめサバ…マグロぶつ…おでん~鯵の塩焼き…やはり~熱燗を美味しく頂ける肴達です♪
  …くさやを焼く匂い…ん~食べてみたい…美味いのだそうだが、未だ~未食の一品…挑戦したいですねぇ…。

  …と、またもすっかりご馳走になってしまった…脱線好きな私にとっては~新鮮で価値ある週末でしたね♪
  春分の日を通過し~お彼岸も、間もなく終わってしまう…今日は、穏やかに晴れた気持ちの良い春の日…。
  家族は、それぞれ用事があるとのことゆえ~一般道を走って、墓参りに行こう…きっと相応しい日であろう…♪


  
  
  
  
  

  

テーマ : 美味しかった♪    ジャンル : グルメ

Category: 回帰を導く者へ…   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

救済者との7ヶ月

pen-cross-townsend-popularwith-ladies-2_convert_20150314190544.jpg


  寝床もなく、金もなければ…私は何処へ行っただろう…。
  だが、家族もいて、家もある…富とは~どの様にもたらされ、余力を生み出すのか…全ては環境が左右しよう…。
  絶対リミット~ゼロ…笑う者…蔑む者…虐げる者…あらゆる現実環境で~孤独な日々の奮闘の継続はキツイ…。

  それでも、やり直す為の価値は、絶対にあるのだと…信じ続ける。
  しかし、孤軍奮闘は~多くの不適合要素を浮き彫りにし、一球入魂の申請書さえ容易く粉砕し、焼き尽くす。
  この闘いは、必ずどこかの地点でゴールを迎えるはずだ…それだけを信じ~進んでいた、ある夏の日の午後…。

  キャリアコンサルタントの弘美姉さんに出逢った…。
  様々なプログラムを通じて~発言し、思考し~伝える…なるべく間隔を空けない様に、集中的に予約を入れて
  かつて、散々っぱら行ってきたグループ・ワークでは、同士達の苦闘…無情な日々との奮闘が浮き彫りとなる。

  それらを通し、何が不足し~何を改善すれば良いのか…ある種のカウンセリングを弘美姉さんが受けてくれる。
  受講した記憶が風化しない様に、全ての書類に~多くを反映させながら、短いピッチで準備をする。
  訪問し、進むべき方向性を絞り込み~様々な会話をすることで、凍結していた感覚が徐々に氷解していく…。

  …と、間もなく~その成果が形となる…チケットを入手したら、それに向かって~どうあるべきか…アドバイスを
  教示してくれ…同時に~立ち止まることなく、先へ先へとチャンスたる状況をこしらえて行くのだ。
  間もなく~吉報を届けられるに至り、御蔭さまを持って…新たなステージで軌道を戻すに至るのです。

  さらに、そこから~数カ月…変化点や環境ダメージに負けてしまわぬ様~定期的な支援たる精神援助がある…。
  月に一度、弘美姉さんから届けられるお伺いメールに、現状報告を行いながら~日々の構築を実感してきた。
  改めて、この国の経営者達にはガッカリさせられる…まともに機能させている会社など存在しているのか…?

  …が、結局は~多くの機能たるエンジンとして、有能な社員達の努力により成り立っているのが大半なのだ。
  そんな路頭に迷い、人生を賭けて前進する人達の支援を行う側の人達にも~沢山の苦労が伴う…。
  生きるのも、働くのも、決して容易い時代ではない…さりとて、諦めにも似た妥協の人生であってはならない…。

  人それぞれには役割どころがあるもの…それも又、一生モノではない…紡ぎ~橋渡しをして行く…。
  そして~一定の役割を通過したら、その人は次に待っているステージで新たな役割を担い~進化するのだ。
  …そんな弘美姉さんも~新たな人生のステージを選択された様だ。

  姉さんより、最後のメッセージが届けられ、私はその選択に~感謝と、応援たる謝辞を届けてみる…。
  一瞬の出逢いが、一生モノであったりする様に~人生には節目に登場する特別な存在と出逢ったりする…。
  あのキツイ時期…分解パーツを組み立て直してくれた事、彼女のフレキシブル・パワーと個性には尊敬の念を…。

  いつか出逢う、奇跡たる瞬間に向かって…人生の列車は~各駅と急行、特急と…交互の速度を繰り返しながら
  終点に向かって走り続ける…その不思議な運命は~時の流れの中で意味合いを考えさせてくれますね…。
  弘美姉さんに心から感謝します…7ヶ月間~同士、戦友、守護たる神…心を開ける環境は人を強くするものです♪

  …どこにいても~貴女様のご活躍と幸せを、祈り続けます…ありがとうございました。
  人生の分岐点たる道標に立ちつくす惨敗者まるだしの男…旅先案内人としての救済…大変、お世話になりました♪
  忘れませんよ…。


    

  
  
   

テーマ : がんばるあなたを応援します!    ジャンル : ビジネス

Category: 徒然なる一撃   Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

卒業式の手紙

sotugyou_convert_20150314143533.jpg

  卒業式を週末に控えた週…娘に、『やっぱ、卒業式は泣くか?』…と問うと、『泣くわけがない…』と答えた。
  どうも、さっさと終わりにしたいと…そんで、そんな裏事情をカミサンから聞いたのだが、仲のよい?よかった?
  友人が、近頃…無視モードに突入し、大いなるバリケードを張り巡らし~ふてぶてしい面を膨らせていると…。

  いわゆる…こう云うことだ…。
  『卒業が近くなって、違う高校に進学するって云うのに~私は淋しいのに、なんで、そんな普通でいられんの?』
  ナーバスな年頃だが、人はそれぞれ感覚も感性も違う…それでも、わがままで淋しい心は~思いを押し付ける…。

  まぁ、どこにでもある話だ…もう、面倒すぎて~かまいたくない様なのだが、カミサンは~歩み寄りを推薦する…。
  親がどうこう~云うより、本人同士の方が~よっぽど分かり合えているもの…と思う。
  私の中学卒業の時期も~近い感覚を持っていただろうか…。

  何か…があって~集団的防御権を発令されたかの様に、ハブられていたのだ…これには参ったが、仕方がない…。
  それでも、関係性を断ち切ることなく~祭の季節にはこれまで通りの参戦をし、一定の距離感をキープした。
  こちらが退ければ~関係性は、再び戻る身体を失った抜け殻のように~浮遊し続けたことだろう…。
  時間の経過が、全てのわだかまりを解消するもの…なのです。

  そんな娘の卒業式の日…やや遅くに帰宅すると~娘は、まだ同級生達との打ち上げから帰っていない。
  リビングのテーブルの上に、『両親へ…』と書かれた封筒がのっている…何ですかぃ?…と訪ねると、帰宅していた
  婆ちゃんが、『卒業式だから、書かされたんだろ…』と云う…と、どうもそんな手紙だ。

  着替えて~どれどれ…と封書を取り出し読んでみる…。
  冒頭は、照れくさい感からか、おちゃらけた文章と~自己個性を感じさせる主張力で、自己努力を讃えている…。
  中盤から、私のことが書かれている。

  バスケ部で、練習に集まらない部員に困っている時に、伝えたメッセージ…。
  受験に突入する時期、一気に頭に叩き込む一夜浸け手法と、そうではない~基礎を学ぶ為に要されること…。
  そして、努力に勝る勝利はない発言…いずれも~酔った勢いで、熱弁奮って話した時の言葉達だ…。

  それらを、時々~思い出しながら、頑張り続けたのだと綴られている…。
  後半は、母親に対しての感謝が述べられており、15年間の謝辞で締めくくられ~最後は、変な唄の歌詞で締める…。
  読み終え~なかなかの起承転結っぷりに感心しつつ、嬉しさを覚えた…ちゃんと、受け止めていたのだなぁ…と。

  間もなく~打ち上げから帰宅した娘…特に、この手紙には触れず、卒業おめでとう…と伝えた。
  卒業証書と最後の成績表…その成果と諸先生方の評価は、見事な内容だ…『おまえ、凄いなぁ…』と云うと…。
  『頑張った分だけ~自分を好きになぁ~れるぅ~♪』…と、意味不明な唄を唄いながら~風呂場へと消えた…。

  …あっぱれぜょ


  

  
  

テーマ : 卒業    ジャンル : 学校・教育

Category: DOWN TO THE RIVER   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

解禁一発目…

e0063969_19581983_convert_20150308201730.jpg

  午前中は雨かぃ…雨雲の移動する予報によれば~到着時刻の目的地は雨上がり…と、なるはずだ。
  そんな早朝…バディの良ちゃんは定刻時刻に到着~渓流解禁の3月…心は踊りながらも~寒さと雨が気になる…。
  …が、イメージする…到着の頃~雨は止み、陽が射し~気温は上がり、放流間際の入れ食い♪…などとぉ…。

  …と、渓流解禁の某関東地区近辺の渓流釣りポイントへとやって参りました。
  今回はポイントを絞り~上流~支流~下流への飽くなき遡行を、体力の限界まで挑む開幕スペシャル♪
  前回…惨敗を喫したリベンジキャスト…ホント、ちゃんとにアマゴやニジマスは生息しとるんだろうねぇ…。

  20121017020442402.jpg

  渓流開幕から遡ること三日前…神田は【鳥富久(とりふく)】で、絶品の焼鳥をご馳走になった…♪
  開幕直前の作戦会議は重要だ…山岳部へ行けば~残雪による寒さと陥没箇所に注意を払わねばならない…。
  週末の天候予報は雨…諸々の条件を考慮し、海に近い場所…やや気温が緩やかな~この場所へ絞ったのだ。

  遊魚券~購入にいささか手間取りながら、絶好の駐車スペースを見付け~そぼ降る霧雨の中、準備をする。
  山岳修行者の様な釣人が戻って来た…良ちゃんが釣果を訪ねるも…『ん~しぶいねぇ…』と、きたもんだ。
  そんで、清流へ踏み込み~左右に分かれて、少し練習をしてから、上流へ遡行開始を始める♪

  間もなく、霧雨は止み…若干だが、気温も上昇…予定通りの好条件と…流れる水流は勢いがいい♪
  大きな岩場の淵へ投げ込み~ラインを巻き、数回~同じ様に投げ込み、あたりが無ければ、先へ進む…。
  気付けば良ちゃんの姿が見えず~随分先へと進んでいる…上流へ遡行に従って渓谷は深くなる。

  一向に当たりはないが、野鳥の囀りと清流の流れる音…この大自然の懐に包みこまれた感覚が心地よい♪
  適度な水分補給をしながら、岩場に足を取られないよう進み、ルアーを変えながら生息ポイントへ投げ込む。
  間もなく~前方の良ちゃんが、釣り上げたぞぉ~ぃアクションを放出している…近付き見ると~アマゴだ♪

  DSCN0896-0_convert_20150314112250.jpg

  対岸付近の波立つ位置…そこを狙ってみよ…と言われ~幾度かトライするも、当たりはない…。
  背中のバッグからおにぎりを取り出し~腹の減り始めた胃袋を満たし、戻って~場所を変えることとなった。
  と、その中腹あたり~完璧な手ごたえ♪…と、間もなく~翻る銀色の身体を魅せ、サクッと逃げられた…。

  開幕直前の本渓流では、放流魚と~野生化したアマゴとが、本流~支流に生息する。
  鱒系魚であるアマゴの内~弱い者は、降海し戻って来る…一方、強い者は本流の縄張りに生息し~秋には
  シラメとなって銀毛化するそうだ…先程の輩も~光沢のある銀色のボディ…野生魚なのでありましょうか?

  場所を変え~さらに遡行する…もはや~昼食はどうでもいい…日没による闇に包まれるまで突き進もう♪
  その後~さらに一匹を釣り上げた良ちゃん…わたしゃ~未だに完全なヒットがない…。
  大橋の袂…絶壁的な梯子をつたって降り~ジャンプして丘の様な岩盤の付きでた位置からキャストする。

  img697-0_convert_20150314112631.jpg

  時刻は夕暮れ時…良ちゃん~開幕三匹目をゲットした♪…これは大きい…ん~坊主での帰還だけは御免だぞぉ。
  そんな願いが通じたのか…夕マズメの時~完璧な手ごたえを感じ、一気に巻きこむが…相手も凄い力で暴れる。
  背中のランディングネットを取り外し~収め、捕獲完了ぉ~♪ついに釣り上げましたぁ~(^O^)/
 
 img698-0_convert_20150314112904.jpg

  およそ23cmのアマゴ…銀色のボディにオレンジの斑点…気絶させ~腸を抜き取り~持ち帰って美味しく頂くか?
  などと一瞬思ったものの~肝心のナイフを置いてきてしまった…と、それより~元気な一匹…リリースですね…。
  まぁ~ず、まず…至福の瞬間♪…と、一気に腹が減ってきた…何気に後ろ髪をひかれつつ~ポイントを去る。

  迢ゥ驥主キ晄ク捺オ・015蟷エ3譛・譌・-30_convert_20150314113201

  夕闇間もなく~フライ・フィッシングの方々も戻ってきた…釣果を聞かれ~大きさを誇示しちゃう♪
  勝手に停めた駐車スペース…住居者の老人が出て来たので、叱られるかぁ…と思いきや人情味溢れる御方…。
  寒風吹きすさぶ土手で湯を沸かし~カップラーメンをすすり込む…こいつが美味い♪

  まずは一勝…帰路は車中で腹ごしらえをすると~心も身体も満たされ、安息の睡魔がオーロラの様に降り注ぐ。
  この二週間程、通勤中~湯川豊の【イワナの夏】を読んでいた…まるで疑似体験をしているかの様に感じていた
  その感覚が~現実とリンクした時…渓流釣りの醍醐味そのものが味わえた…そんな素敵な開幕戦でした♪


  

  
  
  

  
  

  
  

テーマ : フィッシング    ジャンル : 趣味・実用

Category: 徒然なる一撃   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

復興1461日を偲ぶ…

112_convert_20150311214434.jpg

  3月1日から~突然、メールの送受信…なぜかFC2までもが不通となり、NTTとOCNに~ご相談も…復旧せず…。
  セキュリティ強化の一環だそうで~ややこしくも、難題クリア~により、昨日…復旧に漕ぎ着けた次第です。
  データ便のギリギリ受信…キャリコン姉さんの弘美嬢からのメッセージ…いずれも~『ゲッツ♪』となりました…。

  一昨日…3.11震災から~1461日を向かえた日…そんな早朝…。
  お面の様なマスク装着の、ガニまた姉さんに激突され…電車内じゃ~でかいだけでやたら忙しない動きをする高校生
  に肘鉄を喰らい…幸先わる気な朝を向かえたものの~一歩後退、二歩前進の日々は、着実に積み込まれている。

  多くの方々による哀悼…黙祷…その心は、尊い命へのリスペクトであり、家族を無念にも失った方々の思い…。
  されど…2時46分~その時は商談中だった…時が経ち、それでも前進する社会に立ち止まりは許されない。
  その現実は別にしても…
  B-29が東京を空襲し、多くの人々が隅田川を埋め尽くした現実さえ~時が経ち、風化させてはならない事だろう。

  人生や渡世は、無情だ…と感じることが多い…『この形が人としての基準だろう』…が、噛み合わない時代でもある。
  知識や勉学だけに焦点を置き~人との関係性から学ぶことを欠落した…基本的に愛されないエゴイストの増殖…。
  自己のプライドに磨きはかけるものの~人との接触による小さな摩擦を感じられない性質に、幸福は訪れない。

  多くの尊い命…なぜ失われたしまったのか…それは、【まさかの津波…】で、あったのだろう。
  その【まさか…】は、現実的に日常と表裏一体だ…それゆえ、あらゆる災害を退ける為の注意認識は大事なこと…。
  それでも~大自然の脅威は未曾有の災害へつながる引き金でもありうるもの…と知らされた出来事だ…。

  当日、ニュースでは、母を置き去りにし~助かった娘さんの悲痛な思いが語られ、その辛さを掻き毟られた。
  死は、全ての終わりであり、全ての始まりでもある…それでも~生きている、あるいは生かされたこと…その事実を
  受け止め、前進する人達…死者への哀悼だけではなく、残された方々への応援を、忘れてはならない。

  それは、きっと日常のささいな現象の中にも存在する…。
  やはり、隣人を気遣い、共に生きる…そんな思いを伝えながら~生と死を意識し、生ある現状に感謝する…。
  暴力や恐喝…誰かを脅しながら~利潤を生み出す世界には、巨大なペナルティが待ち構えているもの…。

  人生とはその様なものだ…が、それを知らしめる環境がゼロ地点になった…。
  今年の3月11日も寒い一日だった…あの日、帰宅難民として~第一京浜を漫ろ歩きしながら、寒さに包まれた…。
  あの日、車を出してくれて~翌日の昼近くまで掛って、全員を送り届けてくれたヒーローの事を忘れる事はできない。

  隣人の死…肉親の死…友達の死…死は全ての人の存在を消し去ろうと~それぞれの記憶の断片を希薄にする。
  されど、3.11の様に、節目に訪れる時と共に、亡き人を偲び~失われた魂と共に生きようと心掛ける姿勢・・。
  きっと、震災で失われた多くの魂達は、残された方々の魂と共鳴し、生きることの疑似体験を生きているはずだ…。

  そんな事を感じた4年目の春…。
  心から黙祷…。


  聖

  
  
  
  

テーマ : いま想うこと    ジャンル : 日記

Category: 回帰を導く者へ…   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

SUKE & KEN' NIGHT

NCM_0804_convert_20150228094625.jpg

 お昼に差し掛かる少し前…向島ICに入る前に~食事をしていくことにした…。
 年末…健ちゃんに教えてもらった陽子の店~【坊~乃】へ立ち寄ってみようと、雷門の駐車場へ滑り込む。
 春節で~観光に来ている沢山の中国人の人波をかき分け、足早に伝法院通りを少しそれた一角…。

 ガラス戸を開けると、コンパクトな店内の座敷には~外国人観光客が、鉄火丼と格闘中…お姉さんと呼ばれる店員に
 カウンターへと導かれた。
 眼の前の厨房…しゃがれた声で威勢よく、スレンダーだった陽子は~約2倍の増量へと進化を遂げとるぞぃ…(+o+)

 三色丼は、赤身+浸け+ネギトロのコンビネーション…味噌汁と~梅ゼリー付きでプライスは~1,000円♪
 ビール代を支払わず~店を出る男…すっころぶオバちゃん…海鮮丼屋なのに~ラーメンを注文する不思議な女…。
 そんな客達を上手に交わしながら~忙しそうな陽子…良い店を持って~頑張って働いている姿に一票だ♪

 …と、正体がバレていない様だったのでサクッと店を出た…途切れぬ来客はよろしい…次回は夜に訪れよう♪
 さて、今夜は~岡山県は津山から古き良き、呑み友達がやってくる…やっつけ仕事にケリを付け~約束の時刻…
 荒川の流れる静かな町の片隅で再開し~博多の鍋をつつきながら~空白の時を肴に、美味しいお酒で乾杯する。

 もう一人の兄貴が、近隣にある【LIVE HOUSE】へ行こうと申し出た…親父三人衆がツイスト踊るのかぃ?
 …と、中国人のぼったくりBARを通過して間もなく~地下の分厚い扉の向こうからは熱いビートが突き刺さってくる♪
 今夜は【リリーベイビーズ】…ジェフベック…ジミーペイジ…映画のサウンドトラックをコピーするバンドのステージ♪

 NCM_0808-0_convert_20150228115342.jpg

 【スケ&ケン】とハーパーを流し込みながら~圧巻のギターサウンドに酔いしれる。
 やはりLIVEとは良いものだ…五臓六腑をぶち抜くビート…鼓動に響き渡るベースギター…縦横無尽のテクニックで
 聴衆を引き付けるリードギター…シンプルでありながら~演奏技術に長けている見事なバンドのパフォーマンス♪

 人生の最終コーナーをひた走る親父三人衆のストライクなトークは尽きることなく加速を増す…熱く生きる姿の内面は
 とてもセンシティヴな【スケさん】…かつて夜通し~呑み明かした津山の夜…そこから~この場所で再開するまでの
 長く険しい道のりは、私だけでなく~彼もまた試練と格闘し、克服して来たのだと知らされた夜でもある。

 最終電車の汽笛が鳴る…千鳥足三人衆は、名残惜しい夜をポケットに詰め込んで~それぞれの場所へ帰還する。
 再び三人の最強無敵のコンビネーションが開花する様~能力総動員で挑む気持ちを引き締めねば…と思いながら
 それでも人生は楽しみながら~自己リズムを崩さぬ様、着実な一歩を歩むことだと教えてもらった夜となった…。

 

テーマ : 小さなしあわせ    ジャンル : 日記

Category: 徒然なる一撃   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

無念の絶叫が届く場所…

img605-0_convert_20150301171023.jpg

  高校生で…特に体育会系の輩から、喰らうパンチは並みのレベルではありません…。
  例えば、不意打ちを喰らい…連続の猛打を浴びると、完璧に戦意を喪失して行きます…。
  私も一度…その猛打を初めて、連続で喰らった時に思いました…『あ~っ…こいつは死んでしまうな…』。

  近所の通報で、現着した警察官に…救われたでしょうか…で、補導される前に~『私がわるいので~すいません』
  …と、力説したことで~警官は退去…が、『君、酷い顔になっているから~冷やしたりしないと…』…などと言われ…。
  転校生の同級生『少年A』…深夜少し前、ささいな事で呼び出され、振り向きざま~強烈な一発を喰らったのだ…。

  しかし、殺人に至ることはない…されど、本性を露にした奴を友人と認識する程~お人好しでも無い。
  その後~幾多のトラブルを小刻みに発射した【少年A】…親しい仲間達と形を作り~奴と完全な決別を告げた。
  そんな事象が、深い闇の中…タイマンではなく~集団で…しかも酒を呑んで…行われたら…それは狩猟となる。

  我家から4キロ圏内…中学一年生のKAMISON少年が殺害された事件…痛まし過ぎるリンチ殺人…。
  子を持つ親として…残されたご家族の思いたるや、想像を絶する状況にあることと思います…そして、亡くなられた
  彼の魂…無念と悲しみと痛みと後悔が入り混じった…凄まじく辛い思念へ~冥福の思いを捧げたいと思います。

  君は人に殴られたことがあるか?
  君は人に蹴られたことがあるか?
  君は人に切られたことがあるか?


  …痛みは、人の感覚に特別な体感値を刻み込みます…強烈なパンチを喰らう時、肉が起こす摩擦的な嫌な臭い…
  蹴りこまれた部位では~息もできず、その間に強打の連打を喰らってしまう…先手必勝とは、これを指すのです。
  …ダメージが少なければ~きっと、その反動分を返してやろうと、理性を突破した激情が~必要以上の強打を返す。

  生きることで…最大に愚かな行為は…喧嘩であり、延長線上に巣食う戦争であります。
  現代の小学校は実にプロテクトされています…それゆえ~親はとても安心できる環境…が、反面~マイナスも…
  男達の喧嘩がない時代…この小競り合いは~むしろ必要悪でしょう…加減を知り~痛みを学ぶ…きっと必要です。

  中国人とのハーフ、フィリピン人とのハーフ、韓国人とのハーフ、台湾人とのハーフ…純JAPAN一色は昔のこと…。
  子供達にそんな差別意識はない…と思いたい…が、そうでない心持ちの子供の背景には親達の思いも介在します。
  現代社会でのレベル低下の原因は~社会を牽引する大人達のレベル低下が、そのまま反映されておりましょう。

  手は握手をする為にあるもの…。
  足は走り、ジャンプし、自分を自在な場所へ導いてくれるもの…。
  包丁やナイフは、上手な料理をする為に存在する、取り扱いを注意せねばならないもの…。
  カッターナイフは、工作的に使用するものだ。


  大宇宙に包括された地球…多くの人が死に~多くの尊い命が生まれる…それでも、ひとつの命が奪われる時
  そこに放出された、痛みや悲しみ、後悔や悲しみから生み出される無念の絶叫は~宇宙の果て…
  あってはならないと称される場所へ、以心伝心的に通達されなければならない…私は、そう思っています。

  世の中にいじけ、ガキ共と徒党を組んで~未成熟たる嘆きと怒りを弱い者へぶつけ…刃物で脅す幼稚な行為…
  男とは何なのか?…男塾たる授業がなくとも~立派に育つはずの少年達が、危機的時代に突入しております。
  結局、どこに問題があるのか?…その答は、時代と~この国の持つ特色に起因する過保護社会の中に存在しよう….

  人類は、多くの拷問や戦死で命を絶えた無念の魂が無数に存在します…その魂の究極感は半端ではありません。
  路頭に迷う十代の貴重な戦士達…高校をドロップアウトしたら~バックアップできる施設が、彼らを応援し~生甲斐を
  見いだせる場所…反面、地獄のLINE繋がりで~息もできない子供達を救済するホットライン…作ってほしいものです。

  子供達の事件を、現象や環境だけ見つめることなく~陰湿時代の手立てをキッチリ作る…そこが必要です。



  

  

  

    

  

テーマ : 殺人事件    ジャンル : ニュース

Category: ON THE ROAD   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

JOURNEY OF A SONGWRITER

home-bg26_convert_20150303223916.jpg

  浜田省吾の始動が開始した様ですね…。
  5月から新譜を聴いて…9月以降~ツアーに参戦するリスナーからの歓喜の思いが放出されることでしょう♪
  ムスタングを手にする省吾…新たな楽曲達は~どのような作品として届けられるか…楽しみですねぇ。

  そして~今日は【雛祭】…娘の好きな食事が食卓を彩り~散々呑んだ父は、やっぱケーキを胃袋に収めて
  就寝いたします…これまで痩せ細った身体が贅肉を身にまといそうな日々…。
  週末は解禁を向かえた寒いであろう渓流へ突入し、蓄積した余分な肉を燃焼させなくちゃなりません…楽しみ♪

  雛祭…全ての女子へ~幸ある瞬間を祈念します♪


  

テーマ : 美味しかった♪    ジャンル : グルメ

Category: NOVEL   Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

下町ロケット

011100221627027970.jpg


  『倍返しだっ…』の~半沢直樹…快進撃を続ける著者~【池井戸潤】の作品、【下町ロケット】を読んだ。
  沸騰型個性の熱い人間像が描かれる彼の作品は、その魅力的な人物像の配置で~強力に吸い込まれる…。
  製造業に関わっていなくとも~充分楽しめる物語だが、携わっている分~うなずける配慮が心難い。

  大田区という場所は、私のLIFE WORKの基礎が創られたフィールド…学び~奮闘し、悩み~再起した場所だ。
  この町は京浜工業地区と呼ばれ、昔ながらの職人さん達がひしめき合い~卓越した技術に磨きを掛けて来た。
  それでも、後継者不在の会社は~やむなく店仕舞いをせねばならず、ずいぶんと工場が減ってしまった…。

  そんな場所が舞台の【下町ロケット】…。
  ロケットエンジンの技術研究者【佃航平】の創り上げたエンジンを搭載したロケットはプロローグで失敗~爆破…。
  父の跡を継いだ【佃製作所】の社長業として~さえない環境を生きる処から物語はスタートする。

  主要取引先の【京浜マシナリー】から発注停止宣言を受け~銀行からは、ソッポを向かれ、同業の【ナカシマ工業
  から特許・侵害で訴えられ~航空宇宙開発の最大手【帝国重工】からちょっかいを出される…。
  一難去って又一難…と~途絶えることのない無理難題とピンチを、主人公は切りぬけて行く。

  この物語に脈々と流れる生命の源は、【技術力】というひとつの信念であろうか…登場人物は、実に濃いキャラで
  人物像さえ描けてしまう程、身近に存在しそうなキャスティングが散りばめられ…そんな彼らさえ、最終的には
  技術という名の信念で繋がっており、エピローグで~その思いがひとつになる…実にスカッと感で幕を閉じます。

  夢のある何かを創りたい…モノ創りに妥協を介入させず、一心一念に技術力を研ぎ澄ます姿勢…この国が
  経済大国として君臨した基礎は、丁寧なモノ創り…職人技による匠の意思が根底に存在していたからでしょう。
  大金を取るか、夢と技術を取るか…木端微塵になりそうな現代の在り方へ~アンサーとなる作品であります。

  ちょっとした旅の友に~是非、連れて行って欲しい作品ですね♪


  
  
  

テーマ : 読書    ジャンル : 小説・文学

プロフィール

聖

Author:聖
自作楽曲の配信サイトです。
詩を書き~曲を付け~唄う…
そこには、多くの試練と喜びが
待ちうけております…。
喜怒哀楽が伝われば幸いに思います♪

Favorite Songs
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
o'c Rock

powered by blogwatches
MMOタロット占い
BIOGRAPHY