WILD HEART & BROKEN SPIRITS

シンガーソングライターの挑戦状…

Category: JOKER'S GREETING   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

再び断捨離を選択する夜…

OI000116-0_convert_20150524210235.jpg

 山々に積もる雪や、降り注ぐ雨は、ろ過水と化し~本流からやがて海へと流れゆく…。
 その養分は近隣の魚達を育て~美味い肴を頂く事ができる…なんとも自然の織り成す恵みの恩恵のありがたいことか…
 人が自然である姿とはどの様な形であろうか?…衆生異相同じからず…あらゆる人間は、全てが異なる者…って意味だ。

 苦境は肥し…そうであると思いたい…肥しは作物が美味しく育つための肥料となるが、臭く…嫌われるものだ…。
 人生のバイオリズムは、一定周期を巡り~確実に訪れ、漆黒の時の暗闇へ~確実なレベルで引き摺り込まれる・・。
 …しかし、そんな暗闇の期間の脱出口間近で~人生を…個性を…異常な巣窟のカラーに染められる訳にはいかない。

 我慢をしてきた…日常を壊さないよう慎重に…。
 しかし、登場人物は~ホトホト理解力もなく…エゴの塊で…やはり~人から尊敬されたいと渇望する小さな存在だ…。
 その様な輩は~強烈な嫉妬心の種を自らが埋め込み、対象者を権力の名の元…コテンパンに打ちのめす…。

 人生の断捨離が、再び迫っている…。
 およそ1,080日前…ジプシー・キングが予言した未来予想図は~ことごとく的中してしまっている…悔しいものだぜ…。
 …が、いわゆる喪中の様な時期の最終コーナーを曲がる直前…心配な事柄の外堀は~一応、埋め込んだ。

 残された最終決戦…。
 さて、完膚なきまでの闘いを貫くか…愚か者を上手に扱う~ピエロのまま、スライドさせるか…。
 それは、きっと相手の出方とシチュエーション…損得勘定を高速回転で判断できる脳内のシャープ感にもよろう…。

 さて、今日は~大きな地震がありました…皆さん、特に怪我などはありませんでしたか?
 私も古い建屋で、あの日以来~久々の揺れを体感しました…地震は地球が生きている証でもあります…。
 自然の恩恵を受ける…そこには、やはり~ありがたいことばかりでなく…浮き沈みがある事も~人の人生の如くですね。

 転がり続けること…誰が何と云おうと~それがROCKであろう…♪


 
 
 

  
 
スポンサーサイト

テーマ : 人生を豊かに生きる    ジャンル : 心と身体

Category: NOVEL   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

64

・厄シ費シ・1_convert_20150517120743

  昭和64年…昭和天皇崩御により~7日間のみしか存在しない年号…。
  あの頃~渋谷は道玄坂に勤務していた時期…年明け出社の際、道玄坂は~喪に服す垂幕に覆われ、異色の
  街並みを醸し出していた…振り返れば~あの頃も、随分と…日常の破れない壁に直面していた記憶がある…。

  横山秀夫著~【64(ロクヨン)】を読んだ…
  物語は、この7日間の間に発生した未解決の【幼女誘拐殺害事件】がベースであり、【64】とはその符号でもある。
  主人公【三上】は、家出中の娘を案じながら~刑事部から刑務部へ異動させられた【広報室の広報官】…。

  
  未解決事件の遺族たる雨宮芳男
  未解決ゆえに本庁長官が慰問に訪れたいと申し出るその【裏の真意】…。
  事件発生当時~自宅班として詰めていた捜査員達の間で発生した問題…それを隠蔽したいD県警上層部…。

 
  広報室と各社マスコミとの唾競り合い…その広報室の部下達をまとめようと奮闘する三上の姿
  刑事部と刑務部との確執…鍵を握る元自宅班だった【幸田】が残したとされる【幸田メモ】…
  それを追尾するかの様に影で動く【二渡】…あらゆるシーンで出てくる【無言電話】と云うキーワード…。

  そして~後半戦で突如、【64】を模倣したと思われる【誘拐事件】が発生する…。
  ここまで先の読めない展開は~その点と線を結び始め、輪郭を克明に浮き上がらせてくる。
  点と線を…一気に核心部へと導く手法は~見事…実際、その輪郭は~三上が気付くまで、推測できませんでした。

  先日までNHKでドラマが放映されとりました…そこにタイミングよく読み始めていたこともあって、ドラマも見た。
  読みこんで~映像を見る…そこには~ドラマのみでは汲み取れない真意を知る者のみが理解可能なシーンが…。
  やはり…底辺には暗く…言葉に出来ない感情が後半に溢れ出てきます…その深く悲しくも~絶対的な意思…。

  現代を生きる【自己のポジション】を明確に意識する男の姿…やはりハード・ボイルドと云えましょうか…。
  組織人は常に追い込まれるものです…最善の出口を見極め~落とし所を提示する…が、理解者が必要だ。
  どこの社会や組織にも、立場優先の輩が・・意思を捨てて~保身者へと移り変わる荒野たる現代社会…。

  命の尊さ…
  故人の尊厳…
  組織人であっても~そのバランスを欠くことなく、本質的な心あるメンタルトレーナーを目指すのが、今時と信じます。


  
  
  

  

テーマ : 読んだ本の感想等    ジャンル : 小説・文学

Category: ON THE ROAD   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

PURE NICKEL 150L

CIMG2395-9_convert_20150509135635.jpg

  連休明けの金曜日…ポンコツ社用車で帰社の途中~FM NACK5【小林克也のFUNKY FRIDAY】のカウントダウン…
  初登場NO.1を獲得した【Journey of a Songwriter】から【光の糸】が流された。
  アルバムを象徴する1曲であり、これまでの楽曲のテーマを凝縮した~ミディアムテンポの爽やかなナンバーだ。

  アルバムでは【EXTRA TRACK】として、編曲に染まる前のアコースティック・バージョンが収録されているが
  本編の1曲目として燦然と輝くオリジナル・バージョンの方が~圧倒的な完成度を誇っているでしょう。
  およそ18年半ぶり…【青空の扉】以来の初登場NO.1は、その期待度を具現化させた証でありましょうか…。

  全17曲…収録時間MAXを~余すところなく詰め込んだ本作は、聴き込む程に傑作感を積層される思いです。
  畳みかける様な前半4曲目までは、真骨頂の連射砲…休憩所の様な中盤戦から~【永遠のワルツ】で一旦終了…。
  本編たる14曲目からラストナンバーまで…1枚で2度美味しい感覚をリスナーへ届けてくれる圧巻のアルバムです。

  夜は久々に…尚さんと、初夏をリスペクトする【ROCK談議】たる男達の生き方について~祝杯の宴を通過した…。
  人生に迫りくる直下型~被災に見舞われた時…人はどの様にして~軌道修正を図らねばならないか…。
  取り巻く環境の善し悪しや、絶命寸前の時…やはり立ち位置を認識した処から、多くを我慢し~進まねばならない。

  普通であると云う幸せは、日常の憂いに埋没し~意識せず、スルーしがちなもの…。
  人生における、その人それぞれの歴史には~深い物語が累積され、今日の姿へと結びついている。
  時に紐解く様に分解し~意識の中で組立直すことで、見落としがちな、普通の幸せを感じる事こそ、必要なこと…。

  共に共有した貴重な歴史の中で、随分と彼に救済されて来ました…分析力と、真の姿を見抜く眼差しは優れており
  忍耐力ギリギリを乗り越え~現在のポジションを生き抜く姿は、誇らしく感じてしまいます。
  可能なことを全力で貫き~それでも前進する為のビジョンや人生の設計図も、しっかり意識下にぶら下げておく…。

  力強くも~ミュージシャンたる温かみを兼ね備え、生きる喜びを適度に消化しながら邁進する…変わる事なき姿…。
  嘆き悲しむべきこと…思い通りにいかない現実…喜び勇んでよい出来事…多くの事象に乾杯し過ぎながら
  240分1本勝負…初夏の陣は、美味しい肴と美酒…未来のあるべき姿に溶け込み~穏やかな眠りに吸い込まれ…。

  焦らないで、緩まないで…生きる。

  張り詰めた弦は切れ、緩め過ぎれば音は出ない…丁度いいチューニングたる弦から奏でられる音こそ…
  ゴータマ・シッダールタが目覚めた中道を生きる道へとなる…さて、テレキャスターの弦を張り替えよう♪
  【PURE NICKEL 150L】…ん~、その前に…ORANGE OILでしっかりと、磨いてやります。

  ちなみに~今日は神田明神のお祭り開幕日…故郷の御徒町も~神輿が練り歩いた初日であったろう…。
  …が、夜通しの宴の参加は~スルーする…。
  山ちゃんの兄貴~【みのむし】に線香をあげに行くのは、数年先になりそうだ…。

  
  

  

    

テーマ : 小さなしあわせ    ジャンル : 日記

Category: CINEMA   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

悪人

img_2.jpg

 何もない家庭にほころびが生じたのは、やっぱ【出逢い系サイト】だ…よくもわるくも~人たる悪魔と出逢うツール…。
 純真無垢な心は、過去の産物であり、もはや~それを見付ける術さえ…極めて異例と言えよう…。
 されど~この物語で被害者となった女性を責める気はない…石を投げれば存在していそうな人種増殖時代なのだ。

 人を思い~人と関わる世界が、人を介して形となる姿を袖にして~真に辿り着くことは、きっと出来ない…。
 エゴたる自分中心の社会に仕立て上げたのは~現代の大人達だ…でも~それは認識され難いものでもある…。
 昔の大人達は、善悪を押し付けず、分別を厳しく導き、公明正大な落とし所を示してくれたものです。

 綺麗になる為の、お洒落とか、お化粧は~少しだけ大切…もっと大切なのは、心を磨き、自らの心を育てること…。
 恰好良いは、見てくれと、金の力だけではない…男達は、男の根源について~語り合える友達が必要なのだ。
 一切は、少しのすれ違いと切っ掛けが噛みあわなかった…この映画は、その組み合わせのわるさを描く…。

 幸せとは、何なのだろう…きっと、とても囁かで、身近にあるものだ…人は、それに気付くまで~長い時を費やす…。
 趣味もなく、楽しめる仲間もなく、淡々と過ぎゆく毎日と生活に、人は何を期待するだろう…。
 そのスリルに満ちた可能性が、ネット社会には存在する…人生の選択肢は、多くの運命を左右するのだろう。

 【悪人】は2010年9月に封切られた作品…妻夫木聡は決して適役とは思わないものの~スクリーンを支配している。
 その妻夫木聡を圧倒的に呑み込んでしまうのが、深津絵里の迫真の演技だろうか…。
 それぞれのすれ違った思いが交錯し、導かれる物語…暗いトーンの作品は、後味がわるいが、現代を切り取ってる。

 観終わって…暗いのぉ~と思う…。
 天候抜群の日を避け、深夜…観賞するがよい…じっくりと内容と格闘しながら~この映画のメッセージを掴み取る。
 そんな夜も、時には大切でしょうか…。


 

 

テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

Category: 徒然なる一撃   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

源に触れる連休…

029-1_convert_20150506125251.jpg

 様々な思いに包みこまれた週であり、あっと云う間の連休…それでも晴天に恵まれ~充実して過ごす事が出来ました♪
 あれは~2年半前…寒風吹きすさぶ成人の日、連発の門前払いの果て~妙蓮寺近郊で溜息をついていた…。
 あの時点で絶望視された未来は、その場に捨て去り~さらに無謀とも思える時のゼンマイを巻き始めた頃…。

 あの時…家族との平穏な日々が奪われてしまいそうな恐怖に支配され…あるべき姿が浮き彫りにされた。
 現実の突き付けて来る不毛で、容赦なき実態たる姿の輪郭に、否が応でも当てはめて生きねばならない…。
 それらが未来に繋がる細い線であったとしても、光の糸を手繰り寄せる様に~今日までの道のりを生きて来た。

 家族や肉親との別れは、正に身を切られる思いに似ている…。
 友の帰郷…それはとても辛い帰郷となってしまい、その悲しみに、すこしだけ寄り添う時間を共有した…。
 受け入れ難い現実と、向き合い~それでも前進しなければならない…残された者達がすべきことも沢山ある…。

 親族や兄妹の関係が疎遠となった時代…それでも~血に勝るものはない…そんな導きさえ~きっと必然であろう。
 全ての家族が~安泰で、平穏無事な生活を継続している訳ではない…家族の形とは様々だ。
 人生の時間軸は、時計仕掛けの様に~計算外の時を刻み始めたりする…そこに、新しい想いや感情が芽生える。

 そんな、辛い現実の一方で、新たに育まれようとしている血の繋がりたる関係性の暖かさについて聞かされた…。
 それは、とても自然で美しい関係性の一歩なのだろう…それは、とても暖かい出来事だ。
 閉ざされた心や、悲しみの内なる世界に生きる心さえ、氷解する時が必ず来る…光の糸が結ばれた瞬間だ…。

 様々な感情に包まれ、久しぶりに迎える連休…部活から解放された娘は~遊ぶ気満々だが、遠出はできないよ…。

 028-1_convert_20150506163315.jpg

 カミさんのリクエストを通し、二年の時を超え~早朝の運動と称して【高尾山】にやって来た。
 GW期間は~お昼に向かって見事な混雑が予測される為、午前中の早い時間帯に現着も…混んでますのぉ…。
 それでも、娘とくだらない話をしながら~なまった筋肉を使い、発汗させ、頂上付近で頂くお弁当は美味しい♪

 あの妙蓮寺で、粉砕された未来の欠片を拾い集めていた時期から~時を超え、高尾山頂で感じる爽快感は抜群だ…。
 軌道は一気に戻らない…少しづつだが、然るべき姿を形成するもの…勿論、贅沢を云わず~無心に進む…。
 家族の笑顔は、何はなくとも~幸せな一時を与えてくれる…もう少し~余力を持てる様に、前進しなければならない。

 ひとつの別れや悲しみと同化し、いつもより家族を意識した連休…その姿も永遠ではない…だからこそ大切なのだ。
 DVDを一本づつ借り~BOOK OFFでハードカバー30冊と別れを惜しみ~中古の【MIDI KEYBORD EDIROL】を入手。
 カーペットを新調し、部屋の大掃除を実施した…今夜もたっぷり酔わせてもらって~明日から、気持ちを入れ直そう♪

 笑顔は、最も大切だ…その源に触れて~充電された思いです♪


 

 

 

 

テーマ : 小さなしあわせ    ジャンル : 日記

プロフィール

聖

Author:聖
自作楽曲の配信サイトです。
詩を書き~曲を付け~唄う…
そこには、多くの試練と喜びが
待ちうけております…。
喜怒哀楽が伝われば幸いに思います♪

Favorite Songs
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
o'c Rock

powered by blogwatches
MMOタロット占い
BIOGRAPHY