WILD HEART & BROKEN SPIRITS

シンガーソングライターの挑戦状…

Category: ON THE ROAD   Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ON THE ROAD SPIN OFF

IMG_1176_(2)_convert_20161120145251.jpg

福岡は中洲…BAR【LOOP】と云う店のカウンターにいる…。
隣の席には~氷点下2°の札幌から~気温23°の地へ舞い降りた、盟友SEVEN CROWNが腰かけている。
時刻はMIDNIGHT+1…と云った頃合いだろうか…昼からドリンキングの胃袋へ…仕上げの一杯が~強烈に突き刺さる…。

IMG_1184_convert_20161127180408.jpg

【MAKER'S MARK CASK STRENGTH】…56.6°のテイストは~およそガソリンに近い…されど~今宵にふさわしい逸品だ♪
この旅は、浜田省吾の【ON THE ROAD 2016 福岡マリンメッセ】第2回戦への参戦日でもあった…そんな省吾の喉の故障…
その振替公演は~来年の春先へとスライドされたが、我々の予定は~本丸がなくともぉ~実施する♪

私は昼に到着…【UNIT Anchor】のボーカリストmay嬢と合流し、腹ごしらえを済ませ~ボイストレーニングを消化する。
ボーカル力の維持は、唄い続ける事だが~表現力維持と似つかわしい曲を~聴かせる…と云う形で~検証するのだ。
ボイトレを終えると~雪でフライト遅延に見舞われたSEVEN CROWNと合流…【照和】へと地下室の酒場を~降りて行く♪

may嬢の高校の先輩だったARBの石橋凌の話などに心揺さぶられながら~喫茶店と化した照和の年輪を積み重ねつつ
歴史ある小屋の後方席…ミュージシャンを目指す者達を旅立たせる店は全滅し~およそ路上LIVEへ移り変わった時代。
この場所から夢が発芽し~分厚い音楽業界に風穴を開けたのだと思うと、その影響を受けて育った心は~ひれ伏す…。

IMG_1164_convert_20161127201037.jpg

中洲の街は夕暮れの美しい夕映えに包まれ~我々は中心地を散策しながら、前座となる一口餃子店へしけ込む…。
人形小道…【AHO-DORI】へ入店…本来であればOFF会会場となるこの場所が~今宵のメインたる打上げとなった。
絶品の【ごま鯖】【もつ鍋】に舌鼓を打ちながら~我々の音楽熱はヒートアップしながら、満たされた胃袋の隙間を埋める。

-0 (2)

may様…沢山の素晴らしい時間と舌鼓…愉快な持論と圧倒的な心使いをご提供下さり…心から、感謝を申し上げます…♪

めっきり冷えた、ある晩…ショートカット出張で~ミッチーと秦野の温泉施設へ宿泊となった…。
部屋で~やっつけ仕事にケリを付け、最強の湯船に身を委ね~ミッチーとの宴…6時間30分一本勝負のゴングを鳴らす。
この長チンの果てしなく呑み~語り尽くすパターン…ミッチーは嫌な顔もせず~とことん付き合ってくれちゃうのです…(涙)

スーパーギタリスト・タッキーから~2016年に止めを刺す夜をどうか?…との提案に~困難な状況も、繰り上げ出動…。
一目散に帰宅路へ向け~中央道を突っ走る…が、帰宅ラッシュと~年末工事…埋没仕掛けながら~絶対ロードを突破。
一切の余力時間を削ぎ落とした一杯は価値がある…今宵の主役は~【STAGG】…こいつに爆破され~木端微塵と化した。

IMG_1207_convert_20161127184918.jpg

その翌日は~ライフル倉庫の総長…健ちゃんと、古巣の御徒町で落ち合う約束をしていた。
案内された店は、私が沈没していた時~松ちゃんと二人で誘ってくれた【大地の恵】…この店の肉料理は絶品なのだ♪
時間に支配されず~納得いく形を消化させる…そこには~登場人物達の、心の突き刺さり方で決まったりもしようか…。

人生の醍醐味は、自己のスケジュール優先ではない…と、思っている。
突発的であれ~人との接触なくして、次のステージへの切っ掛けは~なかなか掴めないものだ…それを時が紡いでくれる。
それゆえ~短い時間でも、多くの知人とコアな夜を通過する時の貴重な瞬間は、大いなる意味をもたらせてくれるのだ。

そんな奔走の日々から解き放たれる隙間を見付けては、詩を書き~イマジネーションを研ぎ澄ましてやるのだ…♪

さて、時は中洲のBAR【LOOP】へ戻る…。
SEVEN CROWNと、日常に立ち塞がる分厚い壁に向かって奮闘する日々の魂へ…強かに乾杯し~健闘を祈る…。
一滴の魂の滴がもたらせてくれた様な記念すべき夜に感謝を捧げ~我々は深い眠りに誘われる…至福の夜の終焉だ…。

IMG_1183_convert_20161127185312.jpg

ON THE ROAD アンコールは春の陽光と共に…再び我々の魂に特別な一撃を与えてくれよう…♪



スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽    ジャンル : 音楽

Category: 徒然なる一撃   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

生々しい不安と夢を持つ姿へ

5d3c4d91c1181f4a324388f76568987f-1_(2)_convert_20161026201249.jpg

彼は一周~ぐるっと遠廻りし、再び私の前に現れた…。
その奇怪な縁に導かれる世界観は~過去を目一杯~過ごした間柄でなければ、理解しがたいことでもあろうか…。
学び、感じ、導き出された毎日の繰り返しの中で~自己の役割処を明確化させ、いっぱしの仕事を噛み砕いている姿…。

そんな弟子の一人と~東名高速を南下する夏の様な日差しの車中~果てなく走行する…。
先頃~サブマシンガンでハチの巣にされた玉砕感を、極力~形にするための懇願ロードを共にしているのだった…。
彼の物語は~かつての私を追随する過去へ戻される、BAD LANDへの入口にも等しいが~タフな精神は、称賛できようか♪

自暴自棄な時を超え~一旦退いた環境から、再び逆戻りした運命を背負っているが、代償たるペナルティは課されるもの…
人生とは~一視同仁…偏ることない秤の上で、相殺される形で示される訳だが~時に、それを退ける者達がいる…。
それでも人生は続く…誰かが退いても~続く…従って~生きることが罪ではないと感じる心の為に、頑張り続けるのだ。

喰らってきた散々な思いや~恨み辛みは、その時~その人たちの糧としての人生のスパイスなのだが、そうは捉えられない。
大概は~唾を吐き、罵り~こんなはずじゃなかった…と、嘆きつつ~古巣への愛着を露骨に表現しながら、過去へ生きる…。
女と別れても~忘れられない心が殺戮を生み出し、いつまでも~つきまとう姿は、自立心を欠いた未成熟な存在だ。

終わりは終わり~次の扉を開かねばならない…『気付く…』ことが大切なのだ。
あらゆる現象には人生のステージが待っている…永遠に継続する姿はなく~その時、その瞬間を橋渡しする存在となるのだ。
アイデンティティ…存在証明を明確にする為には、手を抜かず~自由に、真剣に取り組んで…あるべき姿を捉えることだ。

そんな事を感じながら~崖っ淵で、自己の立ち位置と格闘する姿…振り返り~思う反省は、自己への今後に繋がろう…。
エゴを育成することはせず~自由で個性を重んじる人間力に注力し、彼らと歩んで来たつもりでいる。
…が、要を失い~背骨を引き抜かれた選択を生きる者もいる…それも~よかろう…それらを凌駕する時にいるのなら…。

しかし、本来のあるべき姿を失い~退け、個との格闘を緩めてしまうと~回転軸は速度を落とし、やがて停止する…。
転がる石に苔が生えない様に~人生は苦境のど真ん中に身を投じ、その毎日を生き続けなければならないものだ。
本物の勝利と幸せを掴み取る者は~現在をぶっちぎりで生きねばならない…脱線しても~必ずそこへ戻って来られる…。

そんな思いにエールを送りつつ~BAD LANDの前章イントロで、プロフェッサー「ロイ・ビタン」が奏でるピアノが木魂する…
とても切なく、力強く~希望の滴がしたたり落ちて来るようなメロディだ…( 知る人ぞ~知るのだ… )
誰をも悪く思わず~懸命な姿と思いを噛み締めながら、ひたすら前進する姿に一票…あっぱれだ、頑張れよ♪



テーマ : ありのままの自分になるために。    ジャンル : 心と身体

Category: ON THE ROAD   Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

水平線に昇る太陽を突き抜ける日

IMG_1195-0_(2)_convert_20161109192803.jpg

朝刊を開くと~【J.BOY 30th Anniversary Editon】の広告が掲載されていた…
しばらくすると~ライフル倉庫の健ちゃんからインビテーション・メールがLINEを通じて届けられ~近況を交してみる…
思えば~SEVEN CROWNと初参戦した武道館も、彼を介して辿り着き…いつも~隙間を埋め込んでくれる頼もしい旧友だ。

アメリカの大統領がトランプになった…。
30年前~『俺たちはアメリカを見ていた…』と歌われる【AMERICA】の頃~日本はバブルの後半戦を通過中だったろうか…
私も~どっぷりアメリカナイズされた一人…25歳の時~トランプ・タワーを訪れた事もあるが、まさか大統領になろうとは…

アメリカン・ドリームは~移民者たちの心にもあるだろう…富裕層と~そうでない層の割合とが決定づけた結果でもある。
大陸は広大である程、その貧富の差は歴然とするだろうし、理想だけで満足できない者達の心は~期待を求める…
私は~トランプ勝利もあり…と思っていた。

従来の政治の平行展開では~国民の半分以上が納得できない環境下にいる証となった…
自国のことは~自国で賄え…を提示された時、ぬるくなった日本が本気で~政治の根本を立て直す切っ掛けになって欲しい。
いつの世も~歴史は繰り返され、飽和状態と化した現代には、スパークする火花が必要なのかもしれない…。

奇しくも~アメリカ再出発の日にリリースされた【J.BOY】は~もちろん浜田省吾のアイデンティティと成長の物語だが~
それは30年の時を超え~リスナー達の人生ともオーバーラップしよう。
新しい時代の戦争と云う、時のどん帳を降ろし~様々な物語を経て、滑走路-夕景で終わる…その先は何処へ向かうのか…

それぞれに新たに問い掛ける物語を~新たなる音源に焼き直しを行い、再び時代を切り裂くメッセージとして届ける本作…
この絶妙なタイミングさえ~不自然ではなく必然…( 何しろ~発売延期となり、この日を迎えたのだから… )
それでも~根底に燻るのは、生き方であり、孤独であり、みなぎる愛であろう…それを深く感じ取れる~見事な一日となった♪




テーマ : お気に入り&好きな音楽    ジャンル : 音楽

Category: ON THE ROAD   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

J. BOY 30th ANNIVERSARY BOX OUT NOW

IMG_20161108_0001_convert_20161108131905.jpg

ON THE ROAD SPIN OFFなる~旅から帰還し、中洲ロス~気の抜けた抜け殻の様な~休暇日…。
くたびれた肝臓に~熱い珈琲が染み込む早朝まもなく…宅急便で~す…がやって来て、本年度~屈指の作品が届けられた。
浜田省吾【J.BOY 30th Anniversary Box】と名付けられた2016年リマスタリングレコード&CD&DVD&other…。

1986年~当時、22歳の私…金字塔と名付けられた~このアルバムは…やや評価し難い作品でもあった…と懐古する。
ビルドアップし、肉体改造を行った省吾…スペンサーシリーズとスプリングスティーンに触発された風貌は微妙に映り
新旧の作品をフューチャーしつつも~一枚組でよかたのではないか…などと~アレンジの加わった楽曲にも違和感を感じ…

しかし1999年~本アルバムは【リミックス&リマスタリング】を施され、一切の贅肉を削ぎ落とした作品へと進化を遂げる。
同時に、当時~受け入れがたかった楽曲達の物語が~年齢により、違った意味合いを感じさせてくれ、強力なアルバム
として初めて突き刺さって来たのである…。

今回、アナログ盤の2016年リマスタリング…1999年盤CDの2016年リマスタリング…1986年のLIVE DVD…それらが
余すところなくLP盤を格納する豪華な箱に収められている。
しかし~飛びついて聴くことはしない…まずは~【LINER NOTES】…こいつと、じっくり格闘の末~本編をしっかり聴く…。

田家秀樹は~現在も、ON THE ROAD 2016の同行追跡をしながら~ツアールポを届けてくれるが、当時の彼も若く
甲斐バンドや小山卓治、ARBのLIVE会場で~おなじみ的に、その大柄な身体をフットワーク良く動き回っていたライターだ。
そんな彼の、本作品へ向けてのオマージュの様な珠玉の言葉達…過去への回顧と思い…それらをじっくりと読む…。

IMG_20161108_0002_convert_20161108141035.jpg

又、手書きの歌詞、楽譜、ツアーステージの配置表、楽曲録音のトラックパートとイメージを記載した殴り書き…
これら~作品が完成するまでの途中経過を噛み締めながら、LP盤を…CDを…そして~DVDを鑑賞して…みたい…。
ブルース・スプリングスティーンも~【明日なき暴走】【闇に吠える街】【ザ・リバー】をBOX SETで~届けてくれた…。

私にとって~日本のスプリングスティーンは、浜田省吾だ…スプちゃんは~実際、唯一無二のスーパーロッカーだが
その血を、スタイルを、メッセージを…長きに渡り届けてくれた最強のチャンピオンであり、ロック・ヒーローであり続けて
くれた…それが浜田省吾だ。

現在、スプちゃんの自伝【BORN TO RUN】は最終コーナーに差し掛かっている…この自伝は~凄まじく素晴らしい作品だ。
浜田省吾にも~いつの日か自伝【終わりなき疾走】を~出版してもらいたい…そこに~きっと知られざる世界観があろう…
何万人も収容するステージに立ち続ける…そこには~緻密で、大胆で、計算された精神力とパワーが必要不可欠だ…。

そんな省吾は、現在~療養中…福岡マリンメッセでの2日間を中止…延期した。
急性声帯炎、急性咽頭喉頭炎…3時間半のステージは~63歳の喉に、過酷なまでに負担をかけ続けてしまうのだろう…。
しっかり直し~充電完了の上で、再び本年度のロードを完走して欲しいと思い、願うのです。

聴き手である【JAPANESE BOY】は~あれから、それぞれが大人になり、それぞれが奮闘の果てを生きていることだろう…
当時、22歳だった私も~多くの厄介事に見舞われながら、こうして~軌道と立ち位置を変えた場所で、前進している。
ロックは姿・形を変えても~永久に不滅だ…このアルバムは~アイデンティティと成長を核とした~前人未到の作品なのだ。






テーマ : お気に入り&好きな音楽    ジャンル : 音楽

Category: JOKER'S GREETING   Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

回帰に降り注ぐ新月の光

beaa1a30e7c6df77e6465154a5086c6d-1_(2)_convert_20161103113055.jpg

到達した…
WILD HEART & BROKEN SPIRITS】を再開した頃…海底から浮上し~歩き、走り、苦境の時をいくつも超えて来た…
回帰へと導いてくれた心ある者達の優しさと笑顔に包括され~然るべき場所へ…陽が差し込んで来る生命の源たる場所…

肉体的な怪我、精神的な病…いずれも~時の流れと共に治癒されて、全力で生きてきた頃の姿へと~再び舞い戻る…
過去への執着や、失った仕事へのメンタルブロックを引き千切り~前進することだけに集中しても、ふりほどけないシコリ…
そられ~古いエネルギーの枯葉が一枚づつ…捨て去ってもいい…と云う納得の元~心から剥がれ落ち、消滅していく…

幾重もの新月の降り注ぐパワーや、5次元レベルの大宇宙から放射されるエネルギーを脳天から~全身へ浸透させ~
再び与えられたステージで~能力総動員でワークに取り組み、日々の一期一会に心を込めて~感謝をする…
人生における、重大な時の決断~元来、楽天家だが~運勢や環境がどん底の時…挑んできた相手は分厚い障害だ…

ある時は神社の境内で、ある時は吹雪のコンビニの駐車場で、朽ち果てた公園の片隅で、病院の休憩ベンチで…
自己へ問い掛け~木々に問い掛け、ひたすら働き、祈り、嘆き、奮い立たせ…理不尽な環境下で奴隷の様に働いた…
易占や占星術では~最悪のループの果て…音楽も聴かず、読書もせず、ひたすら求めるべき場所を探し続けた…

様々なブラック企業をドサ廻り~それでも、懸命に働いた…家族を養わねばならないからだ…
今の地点から言えることだが、このドサ廻り巡業ワークは、1本のラインでつながり~現在の地へ誘う為の伏線でもあった…
携わっていた客先…かすっていた客先、機械の根本操作、重労働の進め方~その一切が、スタートダッシュを加速させる…

横浜から230kmの上空から降臨したミッチー…彼からの最大級の恩恵は~宇宙が命ずる恩寵の具現化でもあろうか…
ドサ廻り巡業ワークと~塩尻での修行を経て、ニュートラルな状態だった事も功を奏し~舞い戻ったステージは滑らかに…
かつての時よりも~数倍ビルドアップした感覚を持って、日々を挑める~最強地点に誘われた様だ…

全開元年…11月に突入し~その最大のエネルギーが、10月末の新月と共に~降り注ぎ始める時を迎えた…
しかし、これまでの軌道もスタイルも変えることなく~ありのままで前進する…
何も望まず、期待せず、戦略なんて取っ払い~制限も課さず、結果もいとわない…魂が欲する方向性で生きるのだ…

火災は大きい打撃を生み出したが、やはり古くなった現状を転生させる出来事であったかもしれない…
夏の夜…有馬温泉で生み出した~ミッチー発案の史上最大の作戦たる弾丸は~核心領域の心臓部に命中させ、間もなく
その全貌に、具体的な輪郭を現実化させる局面に突入した…その集大成たる月は~彼に最大級の運をもたらしてくれる…

昨日、事務所に新設デスクが設けられ~ミッチーの前、紗枝助教授の隣に地点を配置された…居心地もスペースも抜群♪
所定地点を定められると、その場所に目に見えないスピリチュアルエナジーが根をはり~そこを起点に、発芽が始まる…
背後にはミッチーが放射する最強運の渦が舞い踊り~その回転域に乗り、更なるオリジナル・エネルギーを放出するのだ…

あらゆる環境が整った状況に到達し、この一年間…少しづつ積み重ねてきた一期一会の縁と~然るべきワークの成就…
そして、時間の隙間を使って過ごす~友人達とのひと時と~自分の心が回帰する為に寄り添ってもらった心達への熱い友情
それら一切の根底にある【愛の力】に~とめどなく救済され、大宇宙の恩寵に導かれて~自己回帰の到達に…至ったのだ。

瞳を閉じて思う…

千一夜の熱い友情と愛に満ちた全ての心達へ、心を込めて~改めて感謝をします…ありがとう…。
謙虚で真面目に~ワイルドで不埒に~魂と直結した大宇宙の羅針盤が示す方向へ…舵を取って~自由に航海する♪
さて、1,500日も凍結させていた~魂のシャウトを~天地宇宙に轟かせて行くぞ~ぃ♪








テーマ : ありがとう    ジャンル : 心と身体

プロフィール

聖

Author:聖
自作楽曲の配信サイトです。
詩を書き~曲を付け~唄う…
そこには、多くの試練と喜びが
待ちうけております…。
喜怒哀楽が伝われば幸いに思います♪

Favorite Songs
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
o'c Rock

powered by blogwatches
MMOタロット占い
BIOGRAPHY