WILD HEART & BROKEN SPIRITS

シンガーソングライターの挑戦状…

Category: 盟友と踊れ♪   Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

暴風雨の夜~路傍のロックに酔いしれる

IMG_1577-0_convert_20170611122309.jpg

高円寺はSHOW BOAT…ショータイム迄のわずかな時の時間調整で~我がセッション・ミュージシャン…尚央と一杯の時…。
暗雲が訪れ、突然の落雷と~暴風雨に、街中のオブジェが吹き飛ばされ、傘がへしゃげ…逃げ惑う人々がずぶ濡れになる…。
正に~EXCITING RAIN…アルバム~SPIRAL RE-BIRTHのフィーチャリング・ソングを彷彿される現象を階下に垣間見た…。

一向に止まない雨の中…体の半分を濡らしながら~駅に隣接するライブ・ハウス…SHOW BOATに現着…。
今宵のショーは、西 慎嗣…彼の率いる~セッション・ミュージシャンとが奏でる野性味と熟練を帯びたロック・ナイトだ。
なにしろ~客層が良い…年齢のほぼ近い~礼儀と礼節を兼ね備えた熟女様や、野郎どもが一糸乱れぬ環境を生み出してる。

既に、程よく酔いしれつつも~新鮮なバーボン・ソーダを流し込んでいると、一切の演出ゼロ状態でメンバーがステージへ…
『 ザワザワ~しといてくれぃ… 』と、ご挨拶してスタートした路傍のロック…重厚なサウンドに~細胞レベルが燃焼する。
スペクトラムのギタリスト…スーちゃんの彼氏…と云った経歴も~吹き飛ばす圧倒的な音圧とボーカルは、かなりイカしてる♪

キーボードの片山敦夫は~桑田バンドでのセッションで度々登場する常連のミュージシャン…。
山内 薫先生は角松敏生の~角松バンドでのベーシスト…もはや、彼もすっかり~白髪…私も~間もなく、ああなるのか…。
ドラムのカースケ…いわずと知れたドラマーだが、私の中では~小山卓治&THE CONX…そしてTHE DADの初期迄~

CRCP3042_convert_20170611172118.jpg

彼の叩くスネアのビートにノックアウトされ続けて来た…そんなカースケを間近で見ると、ん~っ、老けたのぉ…と思う。
…が、そんな見てくれの老いなど~軽く吹き飛ばす威力の演奏は、さすが一流ミュージシャン、そのもので圧巻の一言だ。
時にメロウに~時に激しく、洋楽のカバーとオリジナルを~適度に配置して奏でられるリードギターは、実に格好イイのだ♪

山内 薫先生とのMCの掛け合いも~息ピッタリで、微笑ましく~老いる自分とも重ね合わせてのジョークが実に心地よい。
…と、心の奥底の熱源へ特殊なバイブレーションが送り込まれ~ある種、特別な感覚に陥って来る…これが時に訪れる。
keyの片山選手を除けば~完璧なスリーピース・バンド構成…その三銃士のレベルの重厚感が…並ではないのだ…。

IMG_1571_convert_20170611172308.jpg

後半は、粋な楽曲に生命を注ぎ込ませたオリジナルを凌駕する~絶品のナンバーで締めくくられた♪
小屋のライトが灯り~ギャラリー達が~そぞろEXITへ歩き始める…我々は~余韻に浸りながらロック衝動に打ちのめされる。
すると~間もなく、西 慎嗣が会場へ姿を現し…常連?…と思われるオーディエンスと記念撮影を開始し始めたではないかぁ…

おぃおぃ…ここは一発…スーパーギタリスト~ツーショット…かましといても良いのでは?…と、図々しく慎嗣&尚央にて…
下記の記念撮影に乗じてみたのです…なんとも気さくな~スーちゃんの彼氏…あぁ…スーちゃんにも逢ってみたかったぁ…。
そして~小屋を後にする…すっかり暴風雨は過ぎ去り~星空の綺麗な高円寺の夜…。

IMG8976_convert_20170611171753.jpg

云うまでもないが~そのまま帰宅…と、なるはずもなく~マシンガンショットの様な一杯が連射法の様に届けられ…
記憶を司る海馬が破壊されるまで、平日~ミッドナイト・スペシャルな速射砲を浴び~常連の都市的宿坊へ転がり込む…。
気怠いが~宿酔気味の朝…熱い珈琲と分厚いトーストを胃袋に押し込んで、出勤ラッシュの総武線へ乗り込む…。

懐かしき高円寺…遥か遠く~かすれた想い出と切ない心の痛みが…フッと遮りながら、潜在意識下の熱源を感じる…
そんな朝のバックホームでした。
次回は俺達が~記念撮影に応じてやらねばなるまいのぉ…♪




スポンサーサイト

テーマ : ライヴレポ・感想    ジャンル : 音楽

Comments

LIFE IS ROCK 'N' ROLL ‼︎ 
我がコンポーザーであり、ロックアイコンで有る師と共有したこの夜、人生に何度か訪れる素晴らしい瞬間でした。
心を揺さぶるミュージックマインド…。
その夜を綴ったこの文章の何と美しいことか… 我が師でありフロントマンの個性とその秘めたる才能は熟知していますが、この回を読めば卓越した作詞能力に繋がるものを感じざるを得ません。
そして今日、6月16日はその西慎嗣の盟友
CHARの誕生日、御大62歳にして渋さは深みを増し、そのギターテクニックは頂点を極める円熟の極致…。
さあ、次回、伝説のライブに参戦の御準備を‼︎
Re: LIFE IS ROCK 'N' ROLL ‼︎~I think so♪ 
尚さん、コメントありがとうございます。

サンダーロードを濡れながら辿り着く…そこに~見事なスピリッツが待っている。
そんな現象こそ、人生に必要不可欠なロック衝動の誘発現象だと思います。

生き方に裏打ちされた創作であれ…その様に思い、感じながらも~日常に埋もれた
何気ない憂いに触れながら、そこに生じる些細な出来事の中に~音楽を見出します。

しかし、ロック衝動は激しく燃え上がったり、冬眠したりするもの…。
来るべき時が遅いか早いか…そんな理屈に縛られない自由な感性を解き放つ心…。

そんなひと時を共有出来る夜は価値があります。
いつも感謝しております…次回も~よろしくお願いします…刺激が魂を転がすのです♪

プロフィール

聖

Author:聖
自作楽曲の配信サイトです。
詩を書き~曲を付け~唄う…
そこには、多くの試練と喜びが
待ちうけております…。
喜怒哀楽が伝われば幸いに思います♪

Favorite Songs
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
o'c Rock

powered by blogwatches
MMOタロット占い
BIOGRAPHY