WILD HEART & BROKEN SPIRITS

シンガーソングライターの挑戦状…

Category: DOWN TO THE RIVER   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

真夏のビバークに酔いしれる…

IMG_1663_(2)-0_convert_20170717102332.jpg

忙しい毎日…理不尽な案件も~ひっくるめ、その恩恵のど真中を突っ走る列車に乗車したまま、可能性を追随し続けている。
7月の初旬~九州地区を襲った幾重もの~線状降水帯…凄まじい豪雨に見舞われた福岡の朝倉市…。
ホテルのTVニュースで報じられている圧倒量の濁流に呑み込まれている家屋を見て、思わず~ちゃらこ姐さんへ一報をする。

間もなく~ご家族を含め無事の一報に安堵するも、予断を許さぬ状況下では~安心して睡眠もとれぬ状況であったろう…。
その6日後~北九州へ弾丸出張をして来たのだが、蒸し返す様な暑さ…断続的な局部的雨は今だ続いている状況であった。
尊い命が失われた…現代を生きる自然の驚異の前…人間は実に無力なものと感じます…ご冥福をお祈り致します。

休む間もなく~週末仕事にケリを付け、ストレージ・バックにありったけの荷物を詰込んで~良ちゃんの車に滑り込む。
呑みに行く…のを大都市の蒸し返す喧騒を退け~大自然の懐に場所を変え、釣り上げた魚達を肴に乾杯をする入渓だ…♪
真夏の初ビバーク…徹夜で現着も~本日の勝負はAM5時スタート~午前中一杯の一本勝負…ノルマは一人~二匹確保。

IMG_1641-0_convert_20170717143818.jpg

連休の女夫渕~絶景場所…熊避け鈴をチャリン・チャリンと鳴らす爺さんが足早に入渓して行くので、我々は野生の支流へ…
キャスト一発で~巨大な岩魚を釣り上げた良ちゃん…見事にバラシ~よろめいて~指にフックを突き刺し~残念な負傷…
…が、今日の我々は違う…肴ゲットに向けて~早くもノルマ達成~♪…20cm以下の山女魚はリリースし~三匹のみ確保した。

IMG_1649_convert_20170717195630.jpg

頭を叩いて気絶させ~切れ味のわるいナイフ…【WILD BOY #6】で内臓を摘出…が、子持ちの山女魚ちゃん…チト胸が痛い。
…と、鋭く切れる~良ちゃんのカッターナイフ…見事に二匹とも~サバき、ジップロックに…一度、車に戻らねばならない。
…と、ここで~素早く戻る良ちゃんを見失い、最終堰堤の一本前の急勾配を登り始めてしまった私…汗だく登頂も~迷子に…

…が、ここは~落ち着き、方向と下山ポイントを捉えて出発地点へ戻らねばならない…激しい滝の音に近付き~堰堤を発見…
その付近へ向けて緩やかに降り始めた途端~滑り落ちた…うおぉ~死ぬぅ~と、思うも死ぬことはなく、無傷を確認し進む。
大量の汗…頭上の炎天…やがて橋を発見…すると昼寝中の良ちゃんが呼笛を橋の下から送って来る…ようやくゴールだ。

IMG_1651_convert_20170717213843.jpg

氷水に命を与えられ~恒例の蕎麦屋で絶品の岩魚のから揚げを食し~貸し切りの一休の湯に浸かると、睡魔も絶好調に…
…が、ここから一仕事が待っている…ビバーク・ポイントを定め~物資を輸送、テントを張り~寝床を確保…で、BEERを呑む♪
一縷の望みを賭け、岩魚を捉えに~再び入渓するも、不発…で、山女魚を焼く為の串刺し棒となる枝をナイフで削って準備…。

IMG_1664_convert_20170717200001.jpg

焚火用の流木を搔き集め、着火し~団扇で空気を送り込んで、炭火を作る…焼き魚職人~鱒善釣市が、山女魚を焼く…。
焼きたての山女魚…実に絶品♪…残りの一匹は~子持ちの山女魚…しっかり焼いて~熱燗で乾杯し頂いた…。
次第に落日を迎え~辺りが漆黒の闇に包まれると、LEDに無数の羽虫が寄って来る…おとり用のLEDだけでは役に立たず…。

IMG_1667_convert_20170717200142.jpg

今宵のメインデッシュはパスタ・ジェノベーゼ…手際よく~良ちゃんがフライパンで炒め始める頃、無数の虫達も待ちきれず…
…が、何であれ~澄んだ空間で頂く食事は~実に美味しい…天空は、やや曇りも…時折~満点の星空が輝き…美しい。
手際よく~簡単なかたずけをして、テントへ入り~網戸を占めて、【山崎】を舐めながら~睡魔が訪れる迄、強かに~呑む…♪

DSCN1528_convert_20170721001511.jpg

氷河期の夢を見ている…寒く~どうすることもできない夢だ…と、その内~良ちゃんに起こされ、冷えた身体に寝袋を掛けられ
…網戸のまま~きっちり締め切らず~寝落ちした為、明け方の冷気に包まれていたのだ…が、良ちゃんのイビキはうるさい…
なぜ、こうまで異色のイビキをかくのか…笑ってしまうほど~変…と、日が昇る頃~尿意で目覚め、清々しい朝を迎える。

DSCN1549_(2)_convert_20170721001629.jpg

朝食は餅を~醤油で頂く…美味しい珈琲を入れてもらい~川沿いで一服しながら、この大自然の懐の間借りにお礼を…。
サクッとかたずけ…一切の痕跡を残さず~帰還するのが礼儀…バーナー焼けしたミステリーサークルだけが~唯一の痕跡。
連休で突き進む反対車線の大混雑を尻目に~超特急帰宅の走行路線…してやったりの~大自然での一杯…は最強です♪

IMG_1636_convert_20170717144136.jpg

長野から帰還した夜は新盆の迎え火だった。
新調しておいた、LEDの行燈がほのかに灯り、好物と酒が備えられている…仏前に着座し、父の盆帰りを歓迎する…。
雨を回避し~恵まれた天候の渓流…私と連れ添い~遡行を楽しんだろうか…渓流から帰宅し、送り火で父を帰還へと導く…。

時の流れは速い…一分一秒をスイッチする…全ての答えをそこに感じながら、呼吸を整え…そして、この先へと進むのだ♪










スポンサーサイト

テーマ : フィッシング    ジャンル : 趣味・実用

Comments


プロフィール

聖

Author:聖
自作楽曲の配信サイトです。
詩を書き~曲を付け~唄う…
そこには、多くの試練と喜びが
待ちうけております…。
喜怒哀楽が伝われば幸いに思います♪

Favorite Songs
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
o'c Rock

powered by blogwatches
MMOタロット占い
BIOGRAPHY